彩ふ読書会 課題本読書会

テーマ:

今年初めての読書会
午後の課題本に参加しました

ぼくたちに、もうモノは必要ない

ミニマリストの印象は
物を最小限に減らし
生活している人と思っていました

物だけでなく人とのつながり
ネット社会の現在において
情報まで減らすと時間や心に
余裕が出来る事には共感出来ました

しかし つながりはどこまで減らせる?

毎年辞めたいと思っている年賀状
皆さん年賀状ってどのくらい
出されているんだろうと気になり
同じテーブルの方に聞いてみました

会社で出さなくてはならないなど
それぞれの事情もあるとの事で
数十枚は出されている様でした
私と同じで10枚以下という方もいて
何故か安心する私…照れ
多い少ないは家族構成にもより変わるので
今は少なくても増えたりするかもしれません
でも今後会う予定もなく
年賀状のやり取りだけ続けて行くのも
どうなんだろうか?と思うところもあり
そういった人には今年から書いていません
友人はほとんどSNSでつながっているので
いただいた何人かはLINEで事情を説明して
出さない事を伝えました


また幸福が現実となるのは
それを誰かと分かち合ったときが
印象に残ったという男性の方の意見には
とても共感出来ました

旅の思い出もそうですし
ライブもここが良かった!と
話し合えるとより楽しめた感があります

最後の全体発表の際には
違うテーブルで参加された方の
感想を聞けました
共感出来た出来ない部分など
笑いも交え楽しかった
どのテーブルでも一冊の本をかなり
掘り下げられたんだなぁと思いました



読書会前は
捨てる事がかなり善だと思っていました
読書会後には
捨てるだけではなく今あるものに感謝して
大切にしていこうと少し思いが変わりました


欲しい物と必要な物は違う


この本は手元に置いておいて
数年毎に読み返してみたいと思います