昨日人間ドックに行ってきました。

片耳になってからもう3回目のドックです。

【はじめて読む方は、こちらからどうぞ】

 

 

一回目は聴神経腫瘍の手術をしてから3か月ほどあとだったので、

その時はすっかり太ってしまって、大変なことになっていました(笑)

まぁこの時はそれよりも片耳が聞こえないことを説明するのが、ちょっと抵抗がありましたね。聴覚検査の時に何て言おうかとか...。

 

それから、月日は経ってもう今回3回目です。

早いものですね。

摂生の効果があったのか、全体的にはいろんな数値がかなり改善していました。

しかし、聴力検査は構えてしまいますね。

片側の耳は全く聞こえていないのでボタンを押せず、

検査の係りの人が戸惑ってしまわないかとか心配になります。

先に聞こえないことを言った方がいいのかなぁとか...。

どうやら、前回までの記録を見て気づいていたらしく、

何も聞かれることなく済みましたけど.

 

また、今回、6年振りに胃カメラの検査をしました。(昨年まではバリウム)

前回が「鼻から」胃カメラデビューでしたが、その時の感覚をすっかり忘れていたので

思いのほか苦しくて参りました。

口からの検査よりもずっとマシですが、鼻をカメラのチューブが通っていく感覚が、ICUにいた時のことを思い出させられました。(一晩中苦しかった...。)

左向きに寝かされたので、聞こえる方の耳が検査台の枕に押し付けられて、医師の言葉がほとんど聞こえなかったのには困ってしまいました(^^;

 

 

 

 

 

 

        

 

 

☆☆ブログランキングに参加中☆☆

よろしければ、ポチリとお願いします(^^)

↓↓↓


難聴・聴覚障害ランキング

↓↓↓


健康グッズランキング

↓↓↓