2016年度の声塾「声優養成講座」がいよいよ始まりました。

今年度の受講申し込みは計7名。 1回目の講座の受講生はそのうち1名が諸事情により欠席で6名でのスタート。

まずは、簡単なオリエンテーションのあとはさっそくレッスンスタートです。

 

 

 

本年度、1回目と2回目を担当される講師は「林 友博先生」です。

 

 

学生時代は「バスケット」、その後は「ジャズダンス」でみっちり鍛えられたそうです。

しっかりとした体格ができて、体力も伴ってこそしっかりした声が出せるを地で行くような雰囲気です。 しかし、指導はとてもやわらかでゆっくり。

塾生が理解できるようにと一つ一つがとても丁寧です。

 

 

初回のレッスンという事で、多少は緊張気味ですが、徐々にほぐれてきた様子です。

正しく、目標への第一歩を歩み始めた面々。

これから1年間良き仲間であり、良きライバルでもあるわけです。

お互い刺激しあって個々の成長を期待しています。

 

新聞各社の取材も入って、余計に緊張気味かもしれませんが、でも塾生の目はとても輝いていました。 そうやって次回も楽しくレッスンが行われる予定です。

 

 

●声塾の「声優養成講座」のお問い合わせ、お申し込みは随時可能です。

   1、氏名

   2、年令

   3、連絡先(電話番号もしくはメールアドレス)

   4、住所(お問い合わせのみの場合は市町村名だけで結構です。)

 

以上を明記のうえ、必ずメールにてお問い合わせください。

 

●見学は「1回のみ」可能です。 ただし、事前にご予約が必要です。 

 

このように声塾は少人数で一人一人をしっかりサポートします。

 

講師の先生自らの実践を交えての指導。

 

 

人数が少ない分、講師との距離感はもちろん、初対面の塾生同士もすぐに話せるようになります。

林先生からの課題も出され次回5月8日に向けて個々の練習時間の始まりでもあるわけです。

がんばれ!声塾生!

 

 

 

 

北日本新聞社様で掲載していただきました。

(4月24日19時現在)

http://webun.jp/item/7270835