ある日、不意に彼に聞かれましたチューリップ
「陽花は今まで何人くらい
    男の人に会ったの??

婚活中、彼以外の男性に会った人数・・・

パーティーを含めてしまうと
軽く1000人は超える。

週に1度は10名以上のパーティーに行き、
パーティーをはしごなんて日常茶飯事あしあと
婚活でたまったアドレスカードも
大変なことになっていましたメール

個人的に会った人を含めても、
直近だけで50名・・・
これまで食事した人は200人以上ナイフとフォーク

さて、
これを彼に伝えるのか伝えないのか照れ

別に言わなくてもいいことだし、
サラッと濁すことも出来るお話。

「200人は超えてるんじゃないかな??
でも、隠すことでもないなと、
真実を彼に伝えてみました星

「えっ、200人ハッ
驚く彼。
そりゃあそうだよね・・・照れ
話さない方が良かったかな
と思ってると、

「てことは・・・200人の中から
   俺を選んでくれたってこと!?

ええっハッ

「そんなに色んな人を見たのに、
    それで俺を選んでくれたって嬉しい爆笑

本当に嬉しそうにニコニコする彼。

そう受け取るのキョロキョロ!?

ポカーンとする私を見て、
「どんな人達だったのか気になるね」
と笑っていうので、
「婚活ネタはいくらでもあるよーニヤリ
と冗談で返してみました。

すると・・・
「え、聞きたいおねがいキラキラ
目をキラキラさせて言う彼。
そこを聞きたがるの!!

試しに色々と話してみると・・・

大・爆・笑

「もっと聞きたいキラキラ
というリクエストに応えて、
なにか思い出す度に話してます(笑)
私の苦労も笑ってもらえるなら
した甲斐があったなと思いました笑い泣き

人によってはひく内容や、
かなり重くなる内容のことも、
笑ってもらえるのがありがたいキラキラ
ので、彼に隠し事や嘘はありません。
お陰でストレスフリーな日々で、
すごく感謝していますニコニコ

モヤモヤする恋愛をしてる時に、
それでも我慢した方がいいんだアセアセ
と、言い聞かせてきたけど・・・
結局すぐに終わっていたので、
我慢はするものじゃないと学びました星