今日はプッチーニの歌劇『蝶々夫人』が、

ミラノ・スカラ座で初演した日。

長崎を舞台に、没落藩士令嬢の蝶々さんと

アメリカ海軍士官ピンカートンとの恋愛の悲劇を描く。

初演は失敗だったようで改稿して今に至る。


直ぐに思い出すのが、マリア・カラス。

映画『永遠のマリア・カラス』、

これを観ていたから、その影響かも。

マリア・カラス.jpg

アリア集のCD「PURE<ピュア> 」に収録されている。



音源は古くてもリマスター盤なので、

実際に映画で使われたとか。



再生できればいいけれど。




こちらは対訳が表示されるもの。


スキー派?スノボ派?


▼本日限定!ブログスタンプ


あなたもスタンプをGETしよう



スキーだけでけですから...

それにしても朝の気温が高くて、

雪なんて、想像すらできない感じでしたね。



関節リウマチ ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ リウマチへ
にほんブログ村