金賢姫・元工作員、「周りに韓国政府関係者がいたため」小声で、「田口さんめぐみさん平壌にいますよ」 | こころ、デトックス

こころ、デトックス

自傷癖国家日本。絶滅危惧種日本人。


テーマ:

金賢姫・元工作員が離日してちょうど1週間経って被害者家族が“極秘情報?”を発表した。


新聞記事によると、「具体的な消息に触れていたことが明かされたのは初めて」と記載されている・・(韓国側の許可の下行われたNHKのインタビューで語っていたような気がしたが........?)・・し、家族会の方たちも、さも、重要な新情報を披露しているかのような感じだった。


「めぐみさんも田口さんも平壌で生きてますよ」と繰り返す金元工作員の情報だけが表に出てきているが、拉致被害者の消息を隠している「北朝鮮」の(暴露された)反応を考えた場合マスコミで公表してもいいのだろうか?

また、金賢姫の帰国後の安全に影響はないのだろうか?。


結局、それほど重要でない情報なのだろうが、そのような秘匿性のない情報を、なぜ1週間も経って意味ありげに発表されたのか疑問だ。

成果を自画自賛の中井・拉致担当相も、金元工作員から直接平壌で生きているとの公表はしていなかった(他の情報源から同様の情報があったと発表していたが)。


>「周りに韓国政府関係者がいたため」「まだまだいろんなことを知っている感じを受けた(・・が、話し辛そうだった・・)」


という事のようだが、韓国側の監視つきだったとは..........和気あいあいと談笑したり、料理を作ったりの画も演出?.......... 


日本でなら、韓国で話せないことも話せる.....ということではなかったのか?


韓国の監視の下での来日だとしたら、

あれ程のVIP待遇で迎える必要はなかったのではなかったのか?

金賢姫・元死刑囚の身の危険を考慮しての国賓並みの警備ではなかったのか?


やっぱり、金賢姫・元工作員の来日は、金賢姫と韓国側に大きなメリットがあり、北朝鮮にとって痛くも痒くもない?ことだったようだ。


日本政府にとっての成果は、拉致被害者が、「平壌生きていて、良い暮らしをされていますよ」と根拠のない“秘密情報?”に感激した家族会のかたがたの気持ちが少し軽くなったこと?、


その分、政府への突き上げが弱まる可能性があることだったのかも。

そうではありませんか、民主党・中井拉致担当兼国家公安委員長様。


田口さん「平壌にいます」=金元工作員が明言―来日中の面会で家族に・北朝鮮拉致

(7月31日20時56分配信 時事通信 )


7月20~23日に来日した金賢姫元北朝鮮工作員が、拉致被害者の田口八重子さん=失跡当時(22)=の家族と面会した際、 「田口さんは平壌にいますよ」と明言していたことが31日、分かった。東京都内で同日開かれた金元工作員との面会の報告会で、田口さんの兄本間勝さん(66)が明かした。


 金元工作員は滞日中、田口さんについて「絶対に生きている」と家族に繰り返したが、具体的な消息に触れていたことが明かされたのは初めて。


 本間さんによると、金元工作員と長野県軽井沢町で懇談した初日の20日、「八重子は今どこにいるんでしょう」と聞いたところ、小さな声で「ヘイジョウ(平壌)にいますよ」と答えた。本間さんは、金元工作員が声を落としたのは「周りに韓国政府関係者がいたため」と推測。根拠など詳細は聞かなかったという。


 田口さんの兄飯塚繁雄さん(72)も、金元工作員が面会中、周りに聞こえないように耳打ちしてくれたことがあったとした上で、内容を「(田口さんが)生きていることの裏付けみたいな話」だったと明かした。飯塚さんは、金元工作員について「まだまだいろんなことを知っている感じを受けた」と話した。


 田口さんの消息をめぐっては、韓国の拉致被害者家族の団体が22日、「平壌の集合住宅に住んでいるとの情報を北朝鮮関係者から入手した」と明らかにしている。


 横田めぐみさん=同(13)=の母早紀江さん(74)も報告会で、金元工作員がめぐみさんは平壌にいるとほのめかしたことを明らかにした。金元工作員は滞日中、軽井沢町や東京都内で田口さんやめぐみさんら拉致被害者の家族と会った。



ペタしてね
人気ブログ
ランキングへ ← ポチッと!
ブログランキング・にほんブログ村へ ← ポチッと!

のり爺さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス