ネコ、ねこ、猫、そしてなぜ沈丁花 | ヒロアミー日記

ヒロアミー日記

ピンを使わない洋服作り、既製服縫製の洋裁教室
洋裁のちょっとしたコツなど・・・。
  


テーマ:

今週の花はネコ鉢で育てているミニシクラメンのシクラメンポットの修正から・・・。

 

先週のNHK「趣味の園芸」でミニシクラメンの育て方を放送していたのです。

 

 

     靴紐を鉢底から出して水を吸い上げる・・・ふむふむ

 

 

私が作ったシクラメンポット水は吸い上げてはいるものの今一歩!

 

 

 

修正開始

 

 

ヒロアミーの日記-シクラメンポット   全てキッチン用品で!

 

* コーヒーゼリーの入れ物で底をプッチンと折って取り出して食べるタイプのもの。

 

   それの底にさらにキリで5箇所の穴をあけて。

 

* 鉢底にはいつもキッチン用の生ごみ用の不織布タイプのものを鉢底の大きさにカットして使用するのです。

 

  そうすると、砂が鉢底穴から出ないで扱いやすいので、ただこれも自己流ですが・・・。

 

* その不織布の一箇所に切り目を入れて、またまたキッチン用のリードペーパータオルを使用。

 

  細くカットして入れ物のプッチンと折った穴から出して、中の不織布の切れ目に刺して準備完了。

 


ヒロアミーの日記-シクラメンポット   ミニシクラメンをもどして下のカップとセッティング。

 

 

上に水やり目安の鹿沼土を並べて底のカップに水を入れて、いい感じで水を吸い上げました。

   今までのカップでも、それなりに成長はしているのだけど、何だかひ弱で今一歩でしょう。

花芽も出てはきているのだけど・・・。 やっぱり鉢が小さすぎるのかなぁ? (^^ゞ

 

  でも今日のシクラメンポットの修正で水の吸い上げはぐんとアップ!

 

  水溶性の肥料をちょっぴり足して花が咲くのを期待してこの小さなシクラメンポットで育て続けてみますね。

 


ヒロアミーの日記-ネコ草   ネコ鉢に入れて日当たり良い窓辺の定位置にもどして。

 

 

  手前の草は猫草です。

 


 


ヒロアミーの日記-レオ3  この子のための猫草です。

私の従姉妹が母にお土産でくれた猫の携帯ストラップと一緒に携帯でパチリ!

    またもやブレぶれの写真に・・・とホホ。

我が家のレオ君はいつもお腹を出してひっくりかえるのが得意のポースなのです。

 

私の猫草の育て方は直径10cmの小さな鉢でちょっとづつ育てています。

 

浅い鉢なのでねこが直接食べるrと抜けてしまいやすいのですが、ちぎってあげる事が多いのでこれで大丈夫なのです。でも一応重さを出すために鉢底に重めの石を入れてはあります。

この同じ鉢が2鉢あって交互に育てているのですが寒くなってきたので育ちが遅くなって3鉢で順ぐりにしないと間に合わなくなってきました。

 

レオは草が好きでを置いておかないと観葉植物のポトスとお仏壇の花が犠牲になってしまうのです。

 

まだ1歳になっていないのでやんちゃ盛りという事もあるのだけど・・・(><;)

 

母が寝ている間にお仏壇の花を撒き散らし、お線香の灰の中に足をつっこみ灰の足跡を部屋中につけて回るのです。

 

何しろやんちゃ+ドジな子で毎日まぁーいろいろな事して笑わしてくれています。

 


ヒロアミーの日記-沈丁花    最後にねこの壁かけの花器に沈丁花です。

 

 

 なぜ今どき沈丁花?ですよね。

 

    私もビックリなのです。

 

今年の夏の猛暑でベランダで育てている沈丁花の葉が黄色くなってしまって、病気かと慌てて全部の葉を落としたのです。

 

木自体には影響は無かったようで新たに綺麗な葉がついてきたのですが・・・。

 

この沈丁花はいつ買ったかなぁー?これも10年は経っていて小さかったものが80cmくらいの背丈に成長して毎年2月から3月頃に花をつけていい香り放ってくれるのですが、なぜか今年は花芽を今つけているのです。

 

毎年、花芽をつけると切って家の中で香りを楽しむのですが、

              春の訪れを教えてくれる香りが暮れの訪れに!\(゜□゜)/

 

これは猛暑の影響か?葉を落とした時期が影響なのか?
 

 


ヒロアミー日記への訪問をありがとうございます。ランキングに参加しております。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ソーイング(縫い物)へ  ポチとして頂けると励みになります
にほんブログ村   宜しくお願い致します。

 

 

PC版「ヒロアミー洋裁講座」 ホームページ

HPの方ではロックミシンほどき方 ブログ目次 洋裁ネタをわかりやすく写真で掲載しています。

こちらへの訪問もお待ちしております。

ヒロアミーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス