京都河原町 食堂バッキー&BAR KIYO | 日本の酒場をゆく

日本の酒場をゆく

酒場行脚を生業に 日々放浪にして 放浪を極みとす

 

 

昼から酒が飲めるダイニングバーew_icon_a401.gif

京都河原町駅から歩くこと約六分、麩屋町通り沿いに(食堂バッキー&BAR KIYO)「食堂バッキー&バー キヨ」がある。
営業時間は午後12時から22時までのぶっ通し営業で、ランチメニューに自家製ハンバーグランチ、ジューシーメンチカツランチ、しっとりローストビーフ丼、パスタランチなど、食堂を思わせる料理もあれば、牛スジ煮込、マグロカルパッチョ、刺身盛り合わせ、酒盗などといった酒肴も数多く揃う。
言ってみれば食堂兼ダイニングバーであるが、客の九割は必ず酒も注文。
昼間から食事に酒を合わせる若者で賑わう。
オーナーは、日本初の酒場ライターにして本業は錦小路の漬物店(錦・高倉屋)の店主で京都一の伊達男・バッキーこと井上氏。
テナントオーナーに「店が空いたから居酒屋やらへん」「やるわ」と一つ返事て引き受けたのがきっかけで、現在京都に系列店が五店舗ある。
メモコストパフォーマンスは優良。
注意鶏唐揚げ380円
ポテトサラダ480円
牛スジ煮込580円
生搾りレモン580円
生ビール「キリン一番搾り」580円
三岳「芋」680円
「営業時間12:00~22:00/水休」