映画 関ケ原を観てきました。

テーマ:

映画ならではの大掛かりな合戦シーンはもちろん、細かな人物描写の積み重ねが丁寧に描かれてました。大河ドラマではNGな描写も多々あり、戦場のリアリティも感じました。邦画では頑張ってると思います。どの立場でも戦場となった関ケ原には居たくないものです。
大河ドラマフリークとしては、岡田准一は軍師官兵衛の印象が残りすぎていて、この人が石田三成です、といわれても、脳みそが追いついていかず、映画としての純粋な評価は難しいです。

観客は土曜日ということや公開日ということもあるのか、邦画にしては客席が埋まるという状態でした。客層は…岡田准一目当てなのか、若い女性の二人連れとか、時代劇大好きな中高年夫婦とかが多かったです。お子様連れはさすがに皆無。自分より上の世代が一杯観に来ているということが新鮮でした。

 

AD