こんな私でごめんあそばせ

仕事に求めるもの
仕事で出会った人々
会社の不思議な方々を綴ってみました


テーマ:

こんな私でごめんあそばせ-黒鳥
監督 ダーレン・アレノフスキー
出演 ナタリー・ポートマン ヴァンサン・カッセル ウィノナ・ライダー

ストーリー

ニューヨークのバレエ・カンパニーに所属するニナは
幼いころからプリマになれなかった母の期待を一身に受けて練習に明け暮れていた
バレエ団は次の好演「白鳥の湖」に向けて主役の検討をしていたが
純真な白鳥は踊れても官能的な黒鳥の演技についてニナに不安要素を持ちながらも主役に抜擢する
そして、求められる黒鳥のダークサイドに落ちていくニナ…

こんな私でごめんあそばせ-黒鳥2

あのレオンの植木鉢を抱いて走っていた少女やスターウォーズのパドメ役など

出演作はヒットするも、どうも代表作といわれる作品に恵まれなかったナタリーですが

この作品でアカデミー賞を取りやっと代表作と呼べる作品ができました


ナタリーの魅力である目ヂカラも今作品では封印です



ところで、この手の作品は賞を取った途端にあらかたのハイライトシーンが出てしまって

劇場で観た時には見たシーンばかりのつなぎ合わせの様な感覚になることが多いですね


ついでに言えばこれは私の思いこみなのですが

イケてないバレエ少女のサクセスストーリーかと思ってたんです

でも良い意味で期待を裏切ってくれました




プリマになることが夢だったがニナを妊娠したためにバレエをあきらめた母親の

重圧を一身に受けて育ったニナは常に良い子を演じながら育った女性


母親の厳しい監視のもとで年相応に性的な体験もないまま年だけが大人になってしまったニナ

カメラ目線で観客をにらむシーンなんてございません


そしていつも伏し目がちでおどおどしているニナがブラックスワンを演じることで

ダークサイドに落ちていきます

それはもう一人オカルトの世界


ブラックスワンになった時のニナは観客をカッと睨みつけます

そしてブラックスワンの役で踊っているうちに手が羽に変わるシーンは圧巻です


12歳までバレエを習っていたというナタリーですが

今作ではかなりバレエを踊っているシーンが多いです

とはいえ、子供の体で踊るのと女性の体形になってからの踊りではきっと違うはず


いくらカメラ技術やカット割りで胡麻化そうとしても

かなりトレーニングを積んだであろうと想像いたします


そしてニナ役のナタリーもさることながら、

プリマの座を追われるベス約ウィノナ・ライダーが良い味を出してるんです


一人で観るのが怖い方はお友達を誘うことをお勧めする作品です

ブラック・スワン[上]―不確実性とリスクの本質/ナシーム・ニコラス・タレブ
¥1,890
Amazon.co.jp

ブラック・スワン[下]―不確実性とリスクの本質/ナシーム・ニコラス・タレブ
¥1,890
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

nonoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。