生をやり直したい!

一瞬で運命を変える方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは

年収1000万のバックパッカーことヤスダです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「人生やり直したい!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の失敗、後悔、罪悪感から 

人生をやり直したいと考えちゃう気持ちになりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私自身も消防士時代に

鬱になり、本当に毎日がつまらなくて死にたかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・ 「人生をやり直したい」 

このような言葉を使うのは今日で終わり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら、

人生は今瞬間からいくらでも変えられるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は、あなたの人生が何でもうまくいく

『パラレルワールド』に行く方法があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラレルワールドってSFの世界みたいですが、 

量子力学や脳科学の分野で普通に研究されています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【量子力学の「多世界解釈」がパラレルワールドを証明?】

 

 

 

 

「パラレルワールドってなんぞや?」

 

 

 

 

私自身もこのような疑問を抱いていました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラレルワールドとは

ある世界(時空)から分岐し、

それに並行して存在する別の世界(時空)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パラレルワールドを説明する実験の1つに

シュレディンガーの猫というものがあります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〜シュレディンガーの猫とパラレルワールド 〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

箱の中には・・・ 

・1匹のネコ

・原子核(放射性物質)

・放射線を検出する装置

・毒ガス発生装置 が入っています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原子核(ミクロな物質)

が崩壊すると放射線が出るようになっています。 

 

 

 

 

で、放射線が出たら検出装置が反応して、

毒ガス発生装置が働きます。 

 

 

 

すると、毒ガスがプシューっと出て 

ネコが死んじゃう仕掛けになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原子核が崩壊する確率は「50%」とします。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、量子力学の理論では

箱を開けて「観測」するまでは何も決まってなく

重ね合わせの状態になっていると考えられています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要するに・・・ 

 

 

◆原子核が崩壊した箱

 

◆原子核が崩壊していない箱 の二つの世界が重なりあった 

 

 

 

 

 

 

 

まるでパラレルワールド状態なんです(笑) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、驚くことは、観測するまではネコも・・・ 

 

 

 

 

 

◆毒ガスが発生して死んだネコ

 

◆毒ガスが発生せず生きているネコが「重ねあわせ」で存在しているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミクロの物質(原子核)もマクロの物質(ネコ)も

素粒子でできているんだから同じ理屈が当てはまるワケです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

量子の重ね合わせ 

これを「多世界解釈」と言い、 

パラレルワールドだと唱える学者もいます。 

 

 

 

 

しかし、これについて否定的な学者が多いのも事実。

やっぱり、ミクロとマクロは同じに扱っちゃダメでしょ?

って批判する学者が多いんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがです・・・ 

2013年に「カナダの研究チーム」が

マクロにもシュレディンガーの猫が適用されることを証明しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、箱を開けて観測するまでは、 

「死んだ猫の世界」「生きている猫の世界」

 が重なったパラレルワールドであることが証明された(笑) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、観測によって猫の生死が決まるなら・・・ 

見るという『意識』によって

猫の運命が決定されると考えた学者がいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、猫がどっちのパラレルワールドに行くかは 

人間の「意識」が影響を与えると考えた学者がいるんです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが「フォン・ノイマン」という数学者です。 

 

 

もちろん、素粒子が波から粒に確定するのは

私たちの意識が影響を与えるという彼の説に

エセ科学だと嫌う人も多く、否定的な学者も多数です。

 

 

 

 

 

 

その根拠としては、こうです。 

 

 

 

 

 

 

・素粒子を観測する実験で使われたのは「観測機」である。 

 

・当たり前だけど観測機には「意識」なんて持っていない。

 

・だから、波から粒に確定させるのは意識じゃない。 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、これについては、こう反論できます。 

 

素粒子を観測器を使って見ようとしたのは、

実験を立案した人の「意識」である。

 

 

 

 

 

 

 

人の意識がなかったら、この現象は発見できかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、ノイマンが言うように

「意識」が影響していると考えてもおかしくない。 

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら、今の量子物理学のレベルでは、 

「観測」が素粒子を波から物質に確定させること。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが「主な解釈」としてあるだけで、 

その他のことも「仮説の段階」にすぎません。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なので、ノイマンの「意識説」を肯定するか否定するかは、

それぞれの思想が強く影響していると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、私は「意識説」は間違いないと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私たちの「意識」が世界に影響を与えていて 

どっちのパラレルワールドで生きるかも決めている。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その根拠は「脳の認知科学」にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キーポイントは『RASとスコトーマ』です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長くなったので

続きは次回に書きます〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINE@登録してね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★  Facebookにアクセス  ★

友だち追加