育児本レポ⑮ しつけとおしゃべり | *はなの不妊治療で年子♡妊娠日記*

*はなの不妊治療で年子♡妊娠日記*

2016年10月~不妊治療を始め、5回目の人工受精で待望の妊娠!!2018年5月に息子を出産しました╰(*´︶`*)╯♡生後半年で断乳して不妊治療再開。4回目の人工授精で妊娠!年子で2019年12月出産予定ですー♡♡


こんにちはニコニコはなですピンク薔薇


最近有り難いことに、続けてアメトピに掲載していただきました!カワイイ赤ちゃんの写真までつけてもらって感激キラキラ





特に哺乳瓶選び&哺乳瓶授乳については、多くのママさんに知っていただけたらと思っていたので、

Ameba様!!
本当にありがとうございましたニコニコキラキラキラキラ



流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星


さて。
今回は育児本レポですクローバー


レポ⑬、⑭で紹介した
トレイシー・ホッグの他の本。


『赤ちゃん語がわかる魔法の育児書2 』
おしゃべり編と、しつけ編です。


レポ⑭の大全と内容はカブってますが、
それぞれ、0~4才の“しつけ”“子どもとの対話方法”に焦点をしぼって書いてくれているので

私としてはレポ⑭の『大全』より、ずっと読みやすかったです照れキラキラ


特に私は『しつけ編』が良かったです。
今は『叱らない育児』という言葉もよく耳にしますが、私は必要な時はしっかり叱る&しつけることが大事だと思ってるタイプなんです。

この『しつけ編』では、具体的にどのように叱ったり褒めたりしてしつければいいのかを書いてくれているので、とても参考になりましたキラキラ



ただ、こちらも大全と同じで
初マタのプレママさんが妊娠中に読まなくてもいいかなーという感じ。

出産後、新生児期を過ぎて『乳児以降向けの育児本を読もうかなー』という気になった時でいい気がしますニコニコ

(もちろん!時間的余裕がたくさんあれば、妊娠中に読んでおくのもいいと思いますよキラキラ)


以上、
トレイシー育児書レポでしたー!