dビデオが◯◯◯◯を避けるのはなぜ。 | 日本人の仕事時間を週15時間にする社会保険労務士 山口 正博のブログです。
2013-05-18

dビデオが◯◯◯◯を避けるのはなぜ。

テーマ:ブログ


2013年5月16日から、docomoのdビデオがPCでも鑑賞できるようになって、便利になった。

ただ、もうちょっと早く実現できてもよかったんじゃないかと思うけれども、色々と事情があったのかもしれない。1年ぐらい前には、すでにPCで鑑賞できていても不思議ではなかったし、実際に実現もできたんじゃないだろうか。


今回を機に、dビデオを再度利用してみたところ、随分と使い勝手の良いものになっていた。Google Chromeでdビデオのサイトにアクセスしてみると、なんとも個性的なデザインで、最初は違和感があったけれども、使っていると、使いやすいデザインになっているように感じた。

ただ、対応機種に一抹の不思議さを感じざるを得ない。WindowsやMacのPCからでもdビデオを観れるようになったのは良いとして、タブレット端末の対応機種が何とも違和感がある。

今回はPCだけでなく、Nexus7と10もdビデオの対応機種に含まれたけれども、あの端末はなぜか含まれていない。

Nexus7よりもNexus10よりも先に対応機種に含めるべき機種があるんじゃないか。

あの端末を素通りして、Nexus7と10を対応機種にするのは、やっぱりヘンな感じ。


Nexusタブレットよりも、まずiPadを先に対応機種に含めるのが自然なはずだけれども、なぜか含まれず。

アプリの対応状況とか、経営上の都合とか、色々とあるとは思うけれども、不自然な感じは拭えない。

ちなみに、auビデオパスはWi-Fi版のiPadでも鑑賞が可能で、なんとも便利の良いサービスに仕上がっていて、好印象。

もちろん、dビデオも良いのだけれども、iPadを避けて、Nexus7と10を対応させたのは、不自然。



dビデオのサイトには、注意事項として、

■dビデオをご利用になるには、spモード契約のあるdビデオ対応端末(スマートフォン、タブレット)が必要です。

と書かれているが、端末が無くても、PCだけで鑑賞は可能。


さらに、

※登録するデバイスには、必ず1台ドコモの回線契約を伴う携帯電話(スマートフォンもしくはタブレット)が必要です。

という注意事項もあるけれども、契約は必要だけれども端末そのものは無くてもPCのみで鑑賞できる。


ただ、ドコモケータイ(iモード機種)の契約にspモードやdビデオの契約を強引にくっつけて、PCでdビデオを鑑賞できるかどうかは不明。


スマートフォンやタブレットそのものが無くても、スマートフォンの契約回線を持っており、その契約回線にspモードとdビデオの契約を付加する(my docomoで手続きする)と、PC単独でdビデオを鑑賞できる。

この場合、デバイス登録画面で、自動的に1台目のデバイスが購入時のスマートフォンに設定される。すでに端末を持っていなくても、最終購入端末が自動的に1台目のデバイスに設定される。

PCのみでdビデオを鑑賞するならば、必ずしもスマートフォンもしくはタブレットは必要ないという点は知らない人もいるかもしれない。








山口正博さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス