ポルシェメンテナンスとトラブル

ポルシェメンテナンスとトラブル

ポルシェ911,ボクスター,ケイマンのメンテナンスで気をつけるチェックポイントとポルシェ無料診断での事例を掲載

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

996カレラ 無料診断で、御来店されました。
点検をしていくと、、


996,エンジンフードオープン
996エンジンルーム









996,ラジエータホースバンド
上の写真内の水色のキャップ(ラジエター液が入ってます)の下の拡大写真です。

この写真を良く見ると、
とても危ない状態になっているのが一つあります。

最悪、エンジンが壊れてしまう事故が起こってしまうかも知れません。



10秒探してみてください。

答えは、、


(上の写真一部をアップしました)
996,ラジエータホースバンド取付不良
答えは、ラジエターホースバンドの取付不良です。
ホースバントを押さえているように見えますが、、

どうでしょうか?
どう見えますか?





996,リフトアップして下から見た写真
リフトに上げて下から見た写真

通常、下まわりから診断します。








996,ラジエータホースバンド取付不良 写真露出調整済
上の写真は、露出が暗いので修正しました。

なんと、ホースバンドが危ない状態であることを、下回りを見た時に、まず確認していました。



次に、リフトを下降させリアフードを開けました。エンジンルームから、ラジエーターホースを見てみると、

996,エンジンフードオープン

村田社長は、
「上から見た位置はしっかりとまっているけど、下から見たらぎりぎりの位置だった」と言うのです。





996,ラジエータホースバンド取付不良
ラジエータホース部分アップ

言われてみれば、ホース下側の部分の隙間が少ない
と思いませんか?
バンドがホースに垂直でなく、斜めにかかっています。





996,ラジエータホースバンド修正
ホースバンドの取付位置を修正しました。

だいぶ余裕を持ってバンドを右にずらしていると思いますが、拡大写真にしているので、写真ではそう見えるかもしれません。

実際、取付バンドの全幅が12mmですので、写真をみるとホースの端からバンドまで約12-14mmくらいです。

ということは、修正する前はホースの下側部分は端から4mm以下に位置していました。
一般的に5mm以上、端からずらした方が抜け防止の為になります。

今回、非常に危険だった理由は、
このホースは吸気、排気用ではなく、ホース内には、ラジエター液が循環しているからでした。

この記事の続き (ポルシェ専門店,自動車整備日記)

---------------------------------------------------
ポルシェ無料診断実施中!
---------------------------------------------------

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス