最後の写真

ご無沙汰しています。
マロン氏が亡くなって1ヶ月が経ちました。

亡くなる前日にマロン氏は家に泊まりに来ていました。
その時の写真です。
{7563495B-4353-47B0-8B43-D712DEECCB24}
これが最後の写真になってしまいました。
いつもと変わらずに元気でした。
もうあまり目が見えなくてよく転んでいたけど。

実家にマロン氏を送り届けて、次の日の夜。
老衰でした。

泊まりに来た時、天気が悪くて諦めた散歩に行けば良かった。
実家に送り届けた時、もっとちゃんとバイバイしてくれば良かった。
もう一泊一緒に過ごせば良かった。
後悔はキリがありません。
ただ最期は看取ることが出来たので唯一の救いです。

15年一緒に過ごしたので、もう会えないなんて未だに信じられません。
この1ヶ月、毎日のようにマロン氏の夢を見ます。
毎日毎日、マロン氏が生き返って、また死んでしまう夢を見ます。
ちびすけと旦那さんのおかげでなんとか前向きに過ごせています。

「マロン氏は泊まりに来た時、たんめんに支えてくれる家族ができて、もう私がいなくても大丈夫ねって安心してくれたんだね」
って旦那さんが言ってくれました。

15年間、私はずっとマロン氏に支えてもらってました。
私はずっとマロン氏をひとりで待たせていました。
ずっと寂しい思いをさせてました。
でもマロン氏はずっと信じて待っていてくれました。
最期の時も私が実家に着くまで待っていてくれました。

マロン氏が亡くなった夜、何度もマロン氏が生き返る夢を見て寝れなかった。
朝方、数ヶ月前に亡くなった祖父が「道中に連れていく。寂しくないから」と言ってマロン氏を連れて行く夢を見て眠ることができました。
私が死ぬまでまたマロン氏を待たせてしまうけど、じいちゃんが一緒なら大丈夫かなって少し安心しました。
天国でまたマロン氏はいい子に待っていて、いつか私が行った時に喜んで駆け寄ってきてくれるんだろうか。

いつか来ることだと分かっていたのにどうして覚悟できないんでしょう。
だけどいつか来るという不安から解放されたのも事実です。

纏まりがなくてすみません。

この1ヶ月でちびすけも随分成長しました。
私は頸椎椎間板ヘルニアになりました。笑

このブログも最初はマロン氏のことばかりだったので、もうマロン氏のことは書けないと思うとなかなか気が乗りませんでした。
が、もう少し落ち着いたらちびすけのこととかまた書いていきたいと思います。
よろしくお願いします。
AD