Bassist Masaru Tamaki Walks!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

舞台血界戦線第二弾と4月のライブ

情報公開になりました。
今回もバンドメンバーとして参加させていただきます!
音楽監督のGIRA MUNDOさんをはじめ
サックス丹澤誠二くん
ピアノ安島萌さん
ドラムKEN'ICHIくん
とても良いチームだったので、また共演できることは本当に嬉しい!

公演の時期(11月〜12月)には、安心して観劇ができる状況になっていることを心から祈ってます。
そのために今、自分ができることは、自分や自分のいるコミュニティが感染源になることがないように過ごすことであると思います。

今はライブはおろか、イベントも軒並み中止になって、僕のように演奏が主体の音楽家は在り方を問われていますが
まだまだ人生は長いので
配信やオンラインでの演奏のやり方なんかも模索しつつ
がんばって続けていきます。


4月のライブ予定を更新できてませんが
3月のライブ予定の文末に書いていた今月のものは全てキャンセルとなりました。
まだ書いていなかったけど自分企画のライブとして決定していた
4/6(月)元町中華街491HOUSE
4/20(月)赤坂トナリテ
こちらでの演奏もキャンセルとなっております。
楽しみにしてくださっていた皆さま、申し訳ありません。
また企画できるよう、僕自身も体調に気をつけて過ごそうと思います。

皆さまも、くれぐれもお気をつけてお過ごしください。

[再掲]明日28日のライブについて

やはり今回は中止とさせていただきます。

数時間前に、開催の投稿をしたばかりで
なにぶん今日の明日というところではありますが…
ご予定くださっていた皆さま、申し訳ありません。

情報が重なって出ていると混乱を招くこともあるかと思いますので、先ほどの投稿は削除しておきます。

まだまだ先の状況はわかりませんが、また楽しいライブを企画していこうと思います。

Milt Hintonの写真

以前、阿部克自さんの「ジャズの肖像 ポートレイチャーズ」について書きました。

↑の記事に
雑誌「JAZZ LIFE」の連載のMilt Hintonの写真もまた見たいなあ。
20年前の号ですが、お持ちの方、もしいらっしゃったら是非ご連絡ください。

と書いてたんですが
今日、たまたまリハで行ったスタジオで発見しました!
{CB88A1C0-1745-4D89-8CFD-95E596860676}
カッコいい!!
2000年3月号でした。

まだジャズベースを弾き始めて2年目か3年目くらいの当時大学生の僕は、まだMilt Hintonのことをよく知らず
(その頃よく聴いてたChristian McBrideのアルバム「Gettin' to it」に参加してたのを知ってたくらいかな?)
もちろん阿部克自さんのこともまだ知らないのに
この写真のMiltの表情は強烈に印象に残ったんです。

写真は91年、Miltが81歳のときのもの。
記事は2000年3月なのでMiltは90歳。
そのときはまだ存命で、現役で演奏活動していたとのことです。
(Wikipediaによると同年12月に90歳で亡くなったとのこと。)

なんてカッコ良いんだ…と当時の僕はこの1ページのカラー記事にいたく感動したのでした。

まさか20年経って再会して
またこんなに感動させられるなんて夢にも思わなかったですけど。

カッコいいおじいちゃん目指して、サボらずがんばろうと思います。
まだMiltの半分も生きてない!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>