みーたんのブログ
  • 16Nov
    • 今日NHK東京に要請文を持って行きます みーたん

      ●今日NHK東京に要請文を持って行きます。NHKのニュースが余りにも安倍ヨイショ。東京の皆さんと1通。岐阜からも1通。●放送法を遵守し“自主・自立”の報道を~NHK政治報道の政権癒着・迎合に抗議する~2018年11月16日NHKとメディアの「今」を考える会「アベチャンネル」と心ある視聴者・市民から揶揄されているように、最近のNHK政治報道の政権寄り、「政府広報化」は目に余るものがあります。NHKは、優れたドキュメンタリー(毎年8月に集中して放送される、戦争の歴史的事実に目を背けず平和の大切さを訴える特集番組、NHKスペシャル、ETV特集など)、日々放送される教育・福祉番組などで視聴者の高い信頼を得ています。それだけに、政治報道の偏向は公共放送の評価を貶めるもので、受信料を支払うNHKの支え手・視聴者としては残念でなりません。私たちは、放送法に則り、「何人からも干渉されず、政治的に公平な政治報道」をNHKに強く求めます。 私たちは、次のような事例を政権寄りに偏向し、政治的公平を欠く報道と受け止めています。○ 8月26日午後、NHK総合は生中継で、鹿児島県桜島をバックにした安倍首相の自民党総裁選出馬表明を伝えました。そして「今年は明治維新から150年。維新ゆかりの地、鹿児島を発信の地とすることで新しい国づくりへの意欲を示すねらいもあったものと思われます」という、安倍首相の意向を代弁するとも受け取れる政治部記者のコメントも添えました。  この放送を見たある民放のTVキャスターは、フェイスブックで「安倍首相総裁選立候補表明のミニ特番をNHKがやってる」と揶揄しました。               事実上、首相を選ぶことにつながる自民党総裁選挙ではありますが、一般の有権者には投票権もない一政党の党内の選挙の扱いとしては異常さが際立っています。安倍政権のメディア戦略に安易に追随していると批判されても仕方のないものです。○ 8月23日、昼のNHKニュースで突然安倍首相が画面に登場し、「台風20号が来るので避難を」と呼びかけ、視聴者を驚かせました。                   退職した元NHK報道局幹部は「一言でいえば、この避難呼びかけは気象庁の担当課長が記者会見を開いて行う類のもの。安倍氏が『電波ジャック』をしたようなもの」とフェイスブックに投稿しました。安倍政権の災害対応をアピールする戦略に乗せられたも同然の同様の放送は、9月の北海道地震関連で「安倍首相 北海道の停電 8日中にほぼ解消の見込み」、近畿地方を襲った台風関連で「“関西空港の復旧に全力 無電柱化進める考え”首相」と字幕表示するなど数多く見られました。 私たちは、次のような事例も、政府与党に不都合な事実を報道しない政治的公平を欠く報道と考えています。○ 10月9日の翁長前知事沖縄県民葬では、安倍首相のメッセージを代読した菅官房長官に、参列者から「帰れ!」「ウソつき!」などのヤジが飛びました。これをNHKはどう伝えたか民放報道と比較してみます。テレビ朝日「報道ステーション」は、冒頭のナレーションで「県民葬で怒号」。菅官房長官の代読シーンでは、参列者のヤジを「ウソつき」などの字幕を添えながら数カットで伝えました。TBS「NEWS23」も参列者のヤジに焦点をあてた報道でした。ナレーションは、「参列者のヤジで会場は騒然」。字幕も「「県民葬でヤジが」。そして菅官房長官の代読と併せて抗議の声をあげる参列者の映像を流しました。この2番組とは対照的にNHK「ニュースウオッチ9」は、参列者のヤジを全く伝えませんでした。怒号の様子を沖縄の県域ローカルニュースではきちんと放送しましたが、「ニュース7」「ニュースウオッチ9」は玉城デニー知事の式辞と菅官房長官の代読のみで、参列者のヤジには全く触れませんでした。  政権には不都合な事実ではありますが、首相のメッセージへの沖縄県民の怒りの表明は、それ自体が事件です。それを伝えないのでは政治的公平を欠くと非難されても弁明の余地はないでしょう。福島在住で沖縄放送局に在職経験のあるNHKOBは、「NHKは、安倍政権にとって気に入らない沖縄や福島など国策にかかわるにニュースを、ローカル(県域)エリアに押し留め、全国放送からはずしている。重要な情報を隠蔽し、国民の知る権利に対し重大な違反行為」と批判しています。○ 西日本豪雨の際の「赤坂自民亭」パーティ、野田前総務大臣の金融庁への情報漏洩、杉田水脈議員の差別発言などについても、NHKはほとんど報道しませんでした。 以上、指摘したような政権寄り報道は、視聴者・市民を誤った判断に導きかねません。その責任の重大さは、戦時中、大本営発表を垂れ流して国民を戦争に駆り立てた過ちを例に引くまでもないでしょう。 事実を正確に伝える客観報道であっても、市民社会の動き、市民団体や野党の主張は伝えず、政府与党のパフォーマンスや、政権に都合のいい一面だけ強調した見解のみを垂れ流すことは、放送法第4条の番組編集準則「政治的に公平であること」「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」に著しく反する報道と言わねばなりません。私たちは、改めて放送法の精神を踏まえた「政治的に公平な報道」を求めます。差し当って以下のような点に留意いただくよう要請するものです。○ 政権のメディア戦略に安易に便乗せず、政権の政策や主張もファクトチェックし、メディアとしての見識に基づく政治報道を。○ 「朝鮮半島出身労働者」(戦時中の「旧民間人徴用工」)、「TAG(物品貿易協定)」など、都合の悪い本質を覆い隠して政権が決めた呼称、法案名称などは無批判に使用しない。○ 政権・与党に不都合な事実も隠さずきちんと伝える。○ 市民社会や市民団体、野党の動き・見解もきちんと伝える。○ 政権・与党とは異なる見解、もう一つの見方(専門家・有識者の意見、国際的反響など)も広く伝える 私たちは、公共放送NHKが、「何人からも干渉されず、政府から自立した政治的公平な報道」に立ち返ることを強く願っています。<賛同団体>アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)日本ジャーナリスト会議(JCJ)放送を語る会マスコミ九条の会メディアを考える市民の会・ぎふ<NHKとメディアの「今」を考える会>五十嵐吉美(放送を語る会運営委員)◎池田恵理子(アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)名誉館長)◎今井潤(放送を語る会代表)◎大場晴男(放送を語る会運営委員)◎河野慎二(日本ジャーナリスト会議運営委員)◎小滝一志(放送を語る会事務局長)◎田場祥子(「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)運営委員)◎丹原美穂(メディアを考える市民の会・ぎふ共同代表)仲築間卓蔵(マスコミ九条の会共同代表)林豊(日本ジャーナリスト会議会員)◎松原十朗(放送を語る会運営委員)       (注)◎印は、11月16日NHK申し入れ出席者●要 望 書2018.11.16メディアを考える市民の会・ぎふ                            共同代表 丹原美穂 加藤久雄 NHKにおかれましては、ドキュメンタリーには素晴らしいものが多い中、ニュース番組の報道には懸念を抱きますので、以下の事を要望します。●要請事項1、政権寄りな報道では無く、事実に基づき 国民の知る権利に応えた 視聴者のための報道をすること。2.ジャーナリストの根源であるウオッチドッグの役割を果たし、声なき弱者の声を拾い、代弁して行くこと。●以下 懸念されるNHK報道の具体例。1.安倍首相を頻繁に出し、ニュース解説にも「安倍首相が…」と 安倍首相の功績であるかの印象を受ける表現が大変に目立つ。(資料1・2・3)2.局内の安倍批判記事を書いた記者への圧力(資料4)森友問題をスクープしたNHK大阪放送局のA記者は、記者を外され 番組チェックなどを行う「考査室」へ移された。本人は「記者を続けたい」と8月末でNHKを退職。大阪日日新聞へ。NHK上部からの圧力があったことも詳細に告白(資料5・6)3.安倍政権に不利と思われる報道はカットして流さない(資料7・8)・安室奈美恵さんの翁長知事への追悼の言葉から、ニュース7は「沖縄の事を考え、沖縄の為に尽くしてこられた翁長知事のご遺志がこの先も受け継がれ(略)」の部分を報道しなかった。他メディアは放送した。・沖縄県知事選のデニー氏報道が余りにも少ない。他局は時間かけて報道している。・天皇陛下80歳の「お言葉」中、護憲とも取れる部分をカットしている。(資料9)・2014年3月11日NHKニュース7と9は『東日本大震災3周年追悼式』で天皇陛下のお言葉を放送したが「この震災により、原子力発電所の事故が発生し、放射能汚染地域の立ち入りが制限されているため、多くの人々が住み慣れた地域から離れることを余儀なくされています」という部分を編集カットしていた。・長崎被災協の田中重光会長が国連事務総長と懇談した際、「唯一の戦争被爆国の日本政府が核兵器禁止条約を批准していないことは腹立たしい」という部分を報道しなかった。この面会場面を、NHKニュース9でも取り上げられていましたが、放映されたのは安倍首相の発言シーンのみ。被爆者代表の発言や面会終了後のコメントはカットしてあった。・沖縄県知事翁長氏の葬儀で、総理の弔辞を代読した官房長官に怒号が飛び交ったが、7時も9時のニュースでは消して放送した。激しい怒号があった事自体がニュースではないのか。4、政府見解をそのまま報道したため間違いを報道例:消防庁発表で、2018年9月7日午前6時15分の時点で「死者8人、心肺停止5人、重症3人」を、3時間後に安倍総理が自ら「今回の地震によりこれまでに16人の方が亡くなられ…」と発表。その後間違いが発覚した。・「北海道の死者・安否不明者数を安倍総理が発表しまし  た」と 安倍首相を映し、テロップも出した。→今まで普通は警察消防、地元自治体が出していた。(資料1)・NHK7日(金)・8日(土)9日(日)ニュース見出し「北海道の地震 16人死亡 26人不明 安倍首相」「“関西空港の復旧に全力 無電柱化進める考え”首相」首相「関西空港 国内線あす中に再開」→本来は、関空を運営する関西エアポートが発表すべき内容)「安倍首相 北海道の停電 8日中にほぼ解消の見込み」「首相 被災自治体からの要請待たず国が水や食糧など支援」「北海道で地震 首相「応急的な住まいの確保早急に」」「近畿地方で停電続く 首相「復旧作業を一層加速」」「7日関係閣僚会議で安倍首相が「被災地では本日午後から明朝にかけて雨が降る見込みです」「首相 ツイッターで大坂なおみ選手を祝福」「首相 地震の被害状況を視察 札幌」「首相 土砂崩れ現場視察 北海道 厚真町」「首相「死者42人 被災者支援に5億4000万円」」過去のNHKの災害報道では、災害名(「西日本豪雨」「熊本地震」「広島・土砂災害」)が先頭。それが今回、すべて見出しのはじまりを「首相」で統一安倍首相の総裁選出馬のみを番組を止めて 桜山をバックに報道5.統計グラフを印象操作(反対派を少なく見せる)

      テーマ:
  • 10Nov
    • 全国知事会の「米軍基地負担に関する提言」に実現要請文を提出しました。みーたん

      ●全国知事会の「米軍基地負担に関する提言」に実現要請文を提出しました。「岐阜総がかり行動実行委員会」として、「岐阜県知事宛」の要請書は11月8日に岐阜県庁に持参し、全国知事会宛の文書は11月5日付けで郵送しました。 日米地位協定の見直しは日本の悲願でもあり、応援したい。またかつて岐阜の各務原には米軍海兵隊があり、おいはぎや婦女暴行等の被害が多く、住民の強い反対で、沖縄に移駐したという道義的な思いからも、基地撤去・治外法権廃止・日本の自治を取り戻したいと思う。

      1
      テーマ:
  • 09Nov
  • 08Nov
    • 全国知事会の「米軍基地負担に関する提言」の実現を強く要望。 みーたん

      ●全国知事会の「米軍基地負担に関する提言」の実現を強く要望します。「全国知事会は8月⒕日米地位協定の抜本的な見直しを日米両政府に提言した。8日に亡くなった翁長雄志・沖縄県知事の「基地問題は一都道府県の問題ではない」との訴えを受け、2年近くかけて提言にまとめ、7月の全国知事会議で全会一致で初めて採択した。」(朝日新聞デジタルより)全国知事会「米軍基地負担に関する提言」http://www.nga.gr.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/2/20180814-05beigunnkichiteigenn300727.pdf (全国知事会HP)平成30年08月14日 「米軍基地負担に関する提言」に係る要請活動等についてhttp://www.nga.gr.jp/data/document/heisei30/1534293795213.html「日米地位協定の抜本的な改革」は悲願です。治外法権(裁判権を含む)・費用負担など多くの改正すべき点があると思います。全国知事会が提案を出してくれたことは大変嬉しい。ぜひ応援して行きたいので、岐阜総がかり行動実行委員会として、全国知事会と岐阜県知事に文章を出します。今日岐阜県庁に提出し、記者会見です。以下提出文                       2018年11月8日岐阜県知事・古田肇様全国知事会による「米軍基地負担に関する提言」の実現を強く希望します岐阜総がかり行動実行委員会代表 河合良房(弁護士)私たちは、平和や人権、くらしが守られるように切望し、行動している市民団体ですが、今般、全国知事会が「米軍基地負担に関する提言」を全会一致で採択し、日米両政府に出されたことを、大変心強く感じています。この度の沖縄県知事選での「基地はいらない」とする沖縄県民の強固な願いが明らかとなりました。また、危険なオスプレイが横田基地にも常備状態となって東京上空を我が物顔に飛び回る事態になってもほとんど異議を挟めない日本政府に、「どうなっているんだ」という国民感情の高まりがあります。日本以外の国にも米軍基地があり、その国々との地位協定が存在していますが、日本との協定が際立って酷いレベルにあることはご存知のことと思います。私たち岐阜県民はまた、独自な思いを抱いています。かつて各務原市に「キャンプ岐阜」があり、海兵隊が常駐していた歴史があります。殺人や婦女暴行、盗難など犯罪の数々に怒った地元住民が反対運動に立ち上がり、日米両政府は第3海兵師団(山梨を含めて1万数千人)を1956年、沖縄に移駐させました。この屈辱的な米軍基地被害を受けた経験を持つこと、そしてその実態を結果的に沖縄に〝押しつけ〟てしまったことに思いをいたし、沖縄及び国内基地の縮小を切に願ってやみません。岐阜県知事の古田様も、きっと私たちと同じ思いをいだいておられると存じます。私たちは、この「提言」が実現されることを強く願っています。日米両政府、とりわけ日本政府において、真剣に取りあげられるよう、全国知事会が全力をあげて働きかけて下さる事を心から期待しています。岐阜県知事におかれましては、全国知事会の席上で、上述のような岐阜県民の思いを踏まえ、積極的なご発言をされること心よりお願い申し上げます。        以上

      テーマ:
  • 07Nov
    • アメリカから兵器ばかり買って どうするの?  みーたん

      アメリカから兵器ばかり買ってどうするの?使うの?こんな巨額なお金 全部私達の税金でしょ?少しは私達の暮らしが良くなるように お金を使って欲しい以下NHKウエブより日本がアメリカから装備品を購入する場合、多くのケースで使われるのが「FMS」という調達方法です。「Foreign Military Sales」=「対外有償軍事援助」と訳され、企業ではなくアメリカ政府との取引で装備品を購入します。取引先は、商社やメーカーではなく、「アメリカ海軍省」や「アメリカ空軍省」になります。この調達方法の動向を見ることで、アメリカとのおおよその取り引きの増減が把握できます。平成30年度予算案の概算要求に盛り込まれた主な装備品です。戦闘機「F35A」 6機 881億円新型輸送機「V22」オスプレイ 4機 457億円最新の迎撃ミサイル「SM3ブロックⅡA」など657億円さらに、地上配備型の新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」2基も導入する方針で、防衛省関係者は「1基800億円としても2基で最低1600億円。最新鋭のレーダーを採用すれば、価格はさらに上がる」としています。

      1
      テーマ:
  • 03Nov
    • 福島事故を無かった事にするつもり?  みーたん

      福島事故を無かった事にするつもり?10月26日 TOKYO: Japan's government on Friday (Oct 26) rejected calls from a UN rights expert to halt the return of women and children to areas affected by the Fukushima nuclear disaster over radiation fears.Read more at https://www.channelnewsasia.com/news/asia/japan-fukushima-meltdown-radiation-fears-10867932福島への帰還、国連が見合わせを要請 日本政府は反論(AFP)国連(記事&category%5B%5D=ワールドカップ&category%5B%5D=五輪">UN)の人権専門家が25日、東京電力(TEPCO)福島第1原子力発電所事故の汚染地域に女性や子どもが帰還することについて、被ばくの懸念から見合わせを求めたのに対し、日本政府は翌26日、この要請に反論した。 国連のバスクト・トゥンジャク(Baskut Tuncak)特別報告者は、人々は「政府が以前安全としていた放射線量の基準を超える場所など、危険を伴う地域に帰還を強いられていると感じている」と話した。 福島第1原発事故の直後、日本政府は被ばく線量の許容限度を年間1ミリシーベルトから20ミリシーベルトへ引き上げた。 この許容限度を再び引き下げるよう要請が出ているにもかかわらず政府がこれに応じていないことについて、トゥンジャク氏は「憂慮している」と述べ、「日本政府には、幼少期の被ばくを予防し、最小限に抑える義務がある」と指摘した。 これについて、AFPの取材に応じた外務省関係者は、トゥンジャク氏の指摘は一方的な情報に基づくもので、「福島に関して不必要な不安をあおる恐れがある」と反論した。 日本政府は、被災地域の大部分で避難指示を段階的に解除してきたが、指示は放射線量が引き続き高い場所では依然出されたままとなっている。 政府は被災地の復興と再生を強く推し進めているが、政府がいう放射線量の「安全」基準が国際基準に一致していないとの批判にさらされている。(c)AFP年間1ミリシーベルト以下」は世界の常識日本政府の懸念は世界の非常識『国連人権理事会のトゥンジャク特別報告者は、10月25日、福島第一原発の事故の後、日本政府が避難指示の解除要件の一つにしている「年間20ミリシーベルト以下」という被ばく線量について、事故の前に安全とされていた「年間1ミリシーベルト以下」にすべきと述べました。そのうえで、子どもや出産年齢の女性について、年間1ミリシーベルトを超える地域への帰還をやめるよう日本政府に要請しました。』(テレ朝ニュース 2018年10月26日より)被ばく牛と生きる 予告編2011年より5年間かけて取材した福島原発事故で起きている畜産農家の無念を描いた映画です。反原発映画に対する風当たりがつよくなってきています。上映できる映画館を探しています。

      1
      テーマ:
  • 02Nov
    • 沖縄 がんばれ。  みーたん

      ●【沖縄のために起ち上がったNYの人たち:総領事館前からのメッセージ:Message to Okinawa from NY at the Consulate General of Japan】共同通信配信で日本各地に記事が届いた10月25日のNY総領事館前での辺野古土砂投入開始の動きに反対する緊急スタンディング。参加し...てくださった私たちの地元NYの皆さんの生の声をお届けします。沖縄の大変な状況を話すと皆、我がことのように心配顔になり、涙を流さんばかりに心を痛める。で、それを見た私たちがうるうるしてしまう。そんな心優しい彼らからのメッセージ、ぜひ聞いてください。**ニディア・リーフ(Nydia Leaf)さん。今日、私がここにいるのは沖縄の皆さんと思いをひとつにしているからです。アメリカ政府は、自分の国をどうしたいか、自己決定する権利をもつ人々に基地を押しつけている。恥ずべきことです。アメリカ合衆国は外交ではなく軍事力を用いて、民衆を無視し、ほしいものは手に入れると主張しています。私はそんな母国が、恥ずかしい。沖縄の皆さんがなさっていること、なさってきたことをとても誇りに思います。皆さんの抵抗は、この国に住む一人の人間である私にインスピレーションを与えてくれています。この国の政府が考えているのは、戦争とお金のことだけ。ですから、こうしてアクティビストの仲間たちと一緒にこの抗議スタンディングを共にし、「沖縄の皆さん、ありがとう」と口にすることができることを誇らしく思っています。数年前に翁長知事にお目にかかる光栄に浴しました。大きな部屋で私は観衆の一人に過ぎませんでしたが、卓越した特別な方なのがわかりました。そんなこともあって、沖縄の皆さんと私とのつながりは、とても強いのです。アリガトウ。ニディア・リーフ、ニューヨークの住人です。**ジュールズ・オーキン(Jules Orkin)さんジュールズ・オーキンです。今日、ここニューヨークにいるのは、皆さんが沖縄でなさっている基地撤去の活動に全面的に賛同しているからです。沖縄には二度行ったことがあり、ピースウォークに参加しました。国土のわずか0.6パーセントの土地に75パーセントの米軍基地が押しつけられるという理不尽がなされていることを知っています。沖縄の皆さんが選出した知事たちも基地反対を唱えています。ニューヨークの人たちに沖縄で何が起きているかを知らせるため、私にできることがあれば、なんでも喜んでやります。**アリス・スターム・サター(Alice Sturm Sutter)さんアリス・スターム・サターです。今日は、このビューティフルな生き物、ジュゴンと一緒にここに立つことができて光栄です。ジュゴンのことを知るようになったのは、沖縄のおぞましい基地の拡張のおかげで絶滅の危機にさらされているという話を聞いた時からです。まわりの美しい地域も破壊するなんて、とんでもないことです。アメリカがやってることには、ぞっとさせられます。あらゆる基地を閉鎖し、すべての戦争を止め、地球の破壊を止める必要があります。母国アメリカが沖縄でやっていることに心が折れる思いがします。ですから、今日ここにいられてとても光栄です。声をあげ続けてくださってありがとうございます。**サラ・マナスラー(Sarah Manasrah)さんコードピング:ウィメンズ・フォー・ピースのサラ・マナスラーです。今日は、アメリカ合衆国に世界の軍事化をやめるよう訴えるためにここに立っています。世界を軍事化する必要などン無いし、軍に絶えることなく巨額のお金を投資して、世界の人たちを殺傷し、恐怖に陥れる必要もありません。そんなお金は持ち帰り、健康保険や教育に使うべきです。今日、ここに立ったのは平和のためです。沖縄の人々と共に、平和の実現を唱えたいと思います。**トルーディ・シルバー(Trudy Silver)さんトルーディ・シルバーです。長年、戦争反対、軍事反対の活動をしています。いま65歳です。ハーレムで音楽の教師をしていて、最近、引退したばかりです。今日、ここに来て、戦争を終わらせようと一緒に声をあげることができて本当に嬉しく思います。私たちは11月8日にサウジアラビア総領事館前で抗議し市民的不服従のアクションを行うことにしています。そこでは、集まった人たちがまたしても身を挺して戦争反対の意を表します。武器取引、基地撤廃、すべてが戦争反対につながります。**マーティ・グッドマン(Marty Goodman)さん米軍基地にNO。アメリカは沖縄から出て行け!いますぐ。撤退しろ。戦争やめろ。軍隊反対。基地反対。マーティ・グッドマンです。**リチェンダ・クレイマー(Richenda Kramer)さんリチェンダ・クレイマーです。グラニー平和部隊と怒れるグラニーのメンバーです。沖縄に基地を置き、さらに新しい基地を作ろうとしている。アメリカがやっていることは、ひどすぎます。日本の政府も起ち上がって、それにノーと言おうとしない。沖縄の人たちが、アメリカ主導の基地のためにいつもこんな風に、苦しまなければならないのか。私たちは、これを止めなければいけません。もう戦争はこりごりです。●▪︎国、撤回の執行停止 ▪︎県民意を背に対抗策 ▪︎国の横暴に怒り ▪︎市民許せない ゲート前で怒り ▪︎国、自作自演で強行 ▪︎杜撰な論理慢心透ける ▪︎国の横暴に怒り ▪︎国の違法性一層鮮明にーー琉球新報10月31日●<デニーが動いた!>沖縄知事、米大使に直談判=辺野古移設阻止訴え 「早い時期に訪米」 辺野古問題の解決めざし …【沖縄知事、米大使に直談判】沖縄県の玉城デニー知事は東京都内の米国大使公邸で、ハガティ駐日大使と会談。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する県の立場を説明しました。記事はこちらhttps://t...http://search.yahoo.co.jp/r/FOR=xdXqIXdV3ije2jnDH1Lz.JIVIWOWz2Nh9VLZ2AhhkGQfH6_27NTYx8jeq4hrehvlVZfX8QVuWVPVlGHFrvotEV7Nbq3Kb6JF4Gpp1tVF.nF1Lvgs5a7yuWJn78d46nkqIazAftmXqBXIi8WgXQvXeOB2pxJlDT16pqv9FGLSN1w6rCtfKJNun1iz06TTvChlbtYcko9nj8f4t7WXM_jxd5bLmJ_3MnHkhAlU/_ylt=A7YWNMHntNpbsD0AereDTwx.;_ylu=X3oDMTBtNHJhZXRnBHBvcwMxBHNlYwNzcgRzbGsDdGl0bGU-/SIG=124i0499p/EXP=1541160615/**http%3A//www.asyura2.com/18/senkyo253/msg/136.html

      1
      テーマ:
  • 01Nov
    • 安田純平さんへの自己責任論は違うと思う。 みーたん

      安田純平さんへの自己責任論は違うと思う。安田純平さん『それでもイラクを取材する、...     ジャーナリストがなすべきこと』その中で、現場主義を貫くと決意を明らかにしている。10月30日 13:32自己責任論を否定し安田さんを擁護した木村太郎氏に感動する2018年10月30日  天木 直人 きょう10月30日の東京新聞に感動的なコラムを見つけた。... それは、ジャーナリストの木村太郎氏が書いた「太郎の国際通信」だ。 そこで木村氏は安田純平さんを非難する自己責任論を批判し、安田さんを全面的に擁護する意見を述べている。 安田さんたちは、今、日本に必要な情報を伝えるために危険を承知で取材に入ったのだ。それを「自己責任」と突き放すのは筋違いだ、と。 そして最後にこう締めくくっている。 「私も、もう少し若ければシリア内戦を現地で取材したかった」と。◆ 同じジャーナリストとして、ここまで安田さんを全面擁護する木村氏に私は感動した。 しかし、私がこの木村氏のコラムで本当に感動したのは、木村氏が語っている自らの次の体験談だ。 1973年のオイルショックの時、社会部記者としてトイレットペーパー騒動を追っていた木村氏は、国民から「マスコミは何をしていたのか」と批判の声が上がったのを見て、その原因である中東問題を知りたいと転勤希望を出し、1974年からレバノンのベイルート駐在特派員になったという。 そして、多くの中東戦争の取材を通じて、戦争の危険はいきなりやってこない、内戦の犠牲になる国民の痛みと、その痛みが怒りに変わり爆発していく事を知ったという。 そして、その実態は、現場で最初の痛みから実感していないとわからない事を知ったという。 安田さんはまさしくシリア内戦の痛みを取材をしていたのだ。 シリア内戦を外電を引用して解説するのはたやすいが、現地の住民の痛みを伝えないと、あのオイルショックの時のように、国民に本当の事を伝えられない、そういって安田さんら戦争ジャーナリストの側に木村氏は立つ。 まさしくその通りだ。◆ 木村氏より30年ほど後に、私もまたレバノンの首都ベイルートに転勤した。 ジャーナリストとしてではなく、外交官として、現地の痛みを実感し、そに実感を背に日本のあるべき中東外交を日本政府に伝えようとした。 本国政府を忖度して外交をするだけでは正しい外交をすることは出来ない。 現地の住民の痛みがわからない外交をしていては外交を見誤る。 いまの日本の中東外交がまさしくそうだ。 私は木村太郎氏のコラムに感動し、同じ言葉でこのメルマガを締めくくりたい。 「私も、叶うなら、もう一度外交官に戻って、正しい日本の中東外交をこの手で実現してみたい」と(了)

      テーマ:
  • 30Oct
  • 29Oct
    • 文化祭 釜石へ みーたん

      文化祭を見に釜石まで 行って来ました。午前中は各学年の発表と吹奏楽部の発表午後は各クラスの合唱発表(生徒さん達の写真はSNSにアップできなのでステージ正面のモザイク作品のみアップします)釜石駅

      テーマ:
  • 27Oct
  • 26Oct
    • 10月26日は「原子力の日」←「反原子力の日」で行こう みーたん

      今日10月26日は「原子力の日」←「反原子力の日」で行こう1956(昭和31)年に日本が国際原子力機関(IAEA)憲章に署名・参加1963(昭和38)年に日本原子力研究所の動力試験炉(JPDR)で日本初の原子力発電参考広島では、「原子力の日」に反対する「反原子力の日」 集会とキャンドルのつどい。今日 広島地裁から、10月1日以降の伊方原発3号機運転差止を求めた仮処分の決定書が交付されます。

      テーマ:
  • 25Oct
    • 安田純平さんの無事帰国 嬉しいです。 みーたん

      安田純平さんの無事帰国 本当に嬉しいです。日本政府は、後藤健二さんのように見殺しにするのではないか、と心配していました。命がけで取材してきたことを、帰国後 見てきたこと・聞いた事を伝えて欲しい。安田さんは被害者であり、悪いのは誘拐・拘束した実行犯グループ。日本でバッシングに会わない事を切に願っています。

      テーマ:
  • 24Oct
  • 22Oct
  • 17Oct
    • マレーシアのマハティール首相、公約通り消費税廃止へ  みーたん

      マレーシアのマハティール首相、公約通り消費税廃止へ 支配層にとって都合のよい法律も次々廃止 2018/05/19 12:00 PM以下転記 以前の時事ブログに「危機の時代には偉人が現れる」とありましたが、ここにも居るぞ、カッコいい92歳。 政権の不正と汚職を批判して当選したマレーシアのマハティール首相は、間髪入れずに公約通り、消費税を廃止しました。この消費税6%の制度は、ナジブ前首相が導入したもので、食品や公共サービスは免税と日本よりもはるかに庶民に配慮した内容でしたが、それでも国民の不満が爆発、政権交代となりました。さらにマハティール首相は今後、報道や表現の自由を抑える「フェイクニュース対策法」や反政府勢力を抑え込むための「国家安全保障会議法」なども次々廃止する方針です。勇敢な政治家です。 マハティールさんの人気は今に始まったことではなく、1997年に起きた東アジア通貨危機で、IMFプログラムを拒否したのは有名です。映像配信では、国際金融資本家の代理人政治家と戦いながら、経済混乱を治めた彼の施策を学びました。また、「ルック・イースト政策」として、かつて繁栄していた頃の日本型経済システムを取り入れ、マレーシアを豊かにしたことも有名です。自国のみならず隣国も、また世界も豊かになれば、おのずと平和になるという信念を実行した彼が、日本に向かって「他国の言いなりになるのではなく、自分の考えで行動してほしい。そして自信を取り戻し、日本人であることに誇りを持ってもらいたいと思うのです。」と言っています。そして「祖国を守ることと攻撃的な軍国主義は同義語ではない」とも。 今こそ日本は、アジアの先を行く国々に学ぶ時ではないのでしょうか。本当に国民のことを考える心と能力のある政治家を選んだ、勇敢な国々に。(まのじ)マレーシア、消費税廃止へ マハティール氏、公約実現引用元)東京新聞18/5/16【クアラルンプール共同】マレーシア財務省は16日、6月1日から現行6%の消費税を事実上廃止すると発表した。9日投開票の下院選で勝利したマハティール首相率いる政党連合は政権交代から100日以内の消費税廃止を公約に掲げていた。 消費税制度は2015年にナジブ前政権が導入し、国民の不満の対象となっていた。 マハティール氏は16日、首都クアラルンプール近郊で記者会見し、4月に施行されたフェイクニュース対策法など「報道や表現の自由を抑える法律を廃止する」と説明。令状なしの拘束や家宅捜索を認める国家安全保障会議法なども廃止する。「日本人よ誇りを持て」 日本の高校生を泣かせた、92歳マハティール首相のスピーチ引用元)livedoorNEWS18/5/14(前略)私たちが日本からコピーしたかったことは、日本型システムなのです。国を発展させるための政府と民間企業の緊密な関係を、私は「日本株式会社」と呼んでいます。私たちはこの日本から学ぶことで、他の発展途上国に比べて早く発展することができました。日本人よ自信を取り戻せ マレーシアは、近隣諸国を豊かにすることが、自国にとっても大事なことであると確信しています。けっして、貧しい国を置いてきぼりにしてはなりません。(中略) 1997年に始まったアジア通貨・金融危機では、これまで私たちが汗水たらして築き上げてきた国の富を瞬く間に失ってしまいました。しかし欧米型の処方箋を用いず、独自の資本規制などを実施することで、ようやく乗り越えることができました。(中略) いま私は、自分の国に自信をもっています。 その一方で、米国型の極端な経済改革を行なおうとしている今の日本では、失業率も高く、国民が自信を失っているようです。最近の日本の若者は、もはやかつての日本人のように献身的ではなくなったと私は聞かされました。(中略) 皆さんには勤勉であるという日本人の素質が根づいているのだから、他国の言いなりになるのではなく、自分の考えで行動してほしい。そして自信を取り戻し、日本人であることに誇りを持ってもらいたいと思うのです。(中略)「軍国主義はよくないことだが、愛国主義的であることは悪いことではない。愛国主義は国が困難を乗り越える上で助けになる。 祖国を守ることと攻撃的な軍国主義は同義語ではない」(中略)デイリー新潮編集部

      4
      テーマ:
  • 16Oct
    • 小泉純一郎氏講演会   みーたん

      小泉純一郎氏講演会がありました。会場は物音1つ無く、みんな聞き入っていました。原発0法案を応援したい。彼の総理時代の政策には賛同できない物が多かったですが、今は原発0に掛けています以下 岐阜新聞Webより小泉純一郎元首相が14日、岐阜市美江寺町の市民会館で開かれた市民フォーラムで講演し、原発ゼロと自然エネルギーの活用推進を訴えた。 小泉氏は、2011年の東京電力福島第1原発事故で「原発が安全でコストが安く、クリーンだというのは全部うそだと確信した」と持論を展開。 九州電力が13日、太陽光発電の一部事業者を対象に発電を一時的に停止するよう指示する出力制御を実施したことには「原発が要らなくなると困るからと、太陽光発電を減らすのはおかしい」と指摘し、「政治が決断すれば、10年で原発が発電する分を自然エネルギーで補えるようになる」と語った。 講演では、江戸時代に岩村藩出身の儒学者佐藤一斎が残した「三学戒」を引き、来場者に「幾つになっても学ぶことが大切。向上心を持ち、互いを支えていこう」と語り掛けた。フォーラムは、同市の岐阜青年会議所が主催。市民約800人が訪れた。

      テーマ:
  • 09Oct
    • NHKに要請文を書いているのですが、NHKおかしい。 みーたん

      NHKの内部圧力「相沢記者が語る『森友事件の本質』と『移籍の思い』」 (『大阪日日新聞』2018年9月28日) http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/180928/20180928087.html-NHK退職の経緯は。 突然、大阪の報道部から考査部へ異動を命じられました。私は森友事件を中心になって取材し、そのことはNHK内の誰もが認めていた。そして、異動が伝えられた5月は、財務省の背任事件に対する大阪地検特捜部の捜査がヤマ場を迎えていた時期で、しかも、いつ終わるか分からない。そんな時期に取材担当者を代えますか。異動先の考査部は番組を放送後に講評する部署です。これは私にとって左遷と言うより、記者という生きがいを奪う行為です。生きがいを奪われたから退職を決意しました。 -「森友問題スクープ記者を“左遷” NHK『忖度(そんたく)人事』の衝撃」と日刊ゲンダイに報じられたが。 組織内部のことは分かりませんが、森友事件で私が特ダネニュースを出した後に報道局幹部が激怒したこと、別の特ダネを出す際に圧力があったことは事実です。「近畿財務局が国有地売却前に森友学園側から、支払える上限額を聞き出し、その金額以下で売った」というニュースを放送しましたが、放送後、私の上司に報道局幹部から、なぜこのニュースを報じたのかという怒りの電話がかかってきました。 そして「財務省が学園側に対し、実際にごみを大量に撤去したように説明してほしいと口裏合わせを求めていた」というスクープニュースを出すに当たっては、報道局幹部の了解を取り付けるためにハードルの高い取材を求められ、全てをクリアして放送する直前に、情報が野党に漏れているという理由であやうく放送がボツになりかけました。しかも、特ダネなのにニュース7の一番最後の項目という扱いでした。何かに忖度したとしか言いようがありません。 -もともと、森友問題の取材を始めたきっかけは。 森友問題が明らかになったのは昨年2月8日。豊中市の木村真市議が、森友学園に売却された国有地を巡り、国が売却額を明らかにしないのはおかしいと情報公開を求めて提訴したことがきっかけです。記者会見を聞いてみると、他の全ての国有地は売却額が公表されているのに、この土地だけ開示請求しても出てこない。そしてこの土地に建つ小学校の名誉校長は安倍昭恵首相夫人。その瞬間に何かある、話が大きくなると直感しました。そこから私の取材はスタートしました。 籠池泰典理事長(当時)は最初に各社のインタビューに答えた後、取材に応じなくなりましたが、その後、学園側から私に電話があり、単独インタビューに応じると伝えてきました。「相沢さんが信用できると思ったから」という話でした。理事長とのやりとりで信用されたのだと思います。

      1
      テーマ:
  • 05Oct
    • バッキンガム氏はメディアリテラシー講演会 みーたん

      明日は法政大学での、メディアリテラシーの講演会に行きます。●講演会 10月6日14:00 主催者挨拶およびバッキンガム氏の紹介、配布資料の確認14:10〜15:10 バッキンガム講演(60分)15:10〜15:40 コメンテーターの紹介と質問15:40〜15:50 FIJの紹介休憩15:50〜17:20 コメンテーターによるコメントとディスカッション(90分)17:20〜17:30 終わりの挨拶バッキンガム講演会「デジタル資本主義時代のメディアリテラシー教育」· 主催者: Asia pacific Media and Information Literacy Education CentreユネスコMIL企画 第25回メディア情報リテラシー研究会「デジタル資本主義時代のメディア・リテラシー教育」 世界的メディア・リテラシー教育研究の第一人者のデビット・バッキンガム氏を招いて講演会を開きます。バッキンガム氏は長年にわたってロンドン大学教育研究所教授として、同研究所「子ども青年とメディア研究センター」の設立者、ディレクターとして活躍されてきました。今日もブログを通じて積極的に情報を発信しています。7月にもイタリアでデジタル資本主義とメディア教育をテーマに講演をされています。

      1
      テーマ:
  • 04Oct
    • 沖縄知事選 海外メディアも絶賛他 みーたん

      国新聞より 【コラム・天風録】沖縄の魂中万歳三唱で突き上げた両腕が、今度は拍子を取って左に右に。南の島では選挙に郷土芸能カチャーシーは付き物らしい。次の沖縄県知事に決まった前衆院議員の玉城デニーさんが気持ちよさそうに舞っていた▲他の陣営は目に見えぬ相手とも戦っていたに違いない。基地問題で政府から袖にされ続け、道半ばで倒れた翁長雄志(おながたけし)前知事である。「イデオロギーよりアイデンティティー」「誇りある豊かさを」。遺訓は、今回も有権者の魂を揺さぶっていたはず▲選挙結果も、3年前の県民大会でのあいさつ通りだったといえる。先日の小欄でも引いた。「うちなーんちゅ、うしぇーてー、ないびらんどー(沖縄の人を、ないがしろにしては、なりませんよー)」▲ただ、その民意も決して一枚岩ではない。地元紙などの出口調査では、玉城さんに軍配がはっきり上がった中高年層に比べ、20代、30代では与党系候補が肩を並べる傾向だったそうだ。同日選の宜野湾市長選でも、政権が後ろ盾の候補が制している▲カチャーシーは、こぶしを軽く握って舞う姿をよく見掛ける。幸せや魂がこぼれ落ちぬように願っての験担ぎだと聞く。間違っても外から握りつぶしてはなるまい。Buzz Feed News より玉城デニー氏への批判動画、選挙が終わると一斉削除 アカウント名も変更YouTube上の動画が削除され、閲覧できなくなっている。Twitterアカウントも名前を変更、ツイートを大幅削除。2018/10/02 17:39玉城デニー氏が、与党推薦候補だった佐喜真淳氏との事実上の一騎打ちを制した今回の沖縄県知事選。ネット上には選挙の告示以前から、多くの真偽不明の情報が出回った。BuzzFeed Newsが問題点を指摘した、玉城デニー氏を一方的に批判するサイトに掲載された動画が、9月30日の選挙終了後、すべて削除された。BuzzFeed Newsが9月12日、このサイトが実態のない住所で登録されており、内容的にも問題となる可能性があることを指摘する記事を掲載すると、サイトは2時間足らずで消滅した。しかし、サイトで紹介されていた動画はYoutube上に残り、国会議員にもツイートされた。国会議員も動画をツイート佐喜眞淳氏を支援した公明党の遠山清彦衆院議員も、動画をTwitterで紹介するなど、一連の動画はSNSで拡散され続けた。遠山氏が取り上げた動画は、玉城氏が所属した自由党の小沢一郎代表が沖縄県内に所有する別荘に関するものだった。動画は「この別荘の建設工事 地元業者がみな嫌がったのを無理やり説得したのが玉城デニー氏だったという」などとテロップで説明。同名アカウントのTwitterでも投稿されていた。玉城デニー氏の地元(沖縄3区内、宜野座村)にある、小沢一郎自由党党首所有の超豪華別荘。「老後の生活のため」のようだが、沖縄とこういう関わりしかない人に相談して、知事選へ立候補を決めた玉城デニー氏は、知事になった後もこの人に色々相談するのだろう。絶対阻止する。https://youtu.be/xTr3fftxpQA玉城氏はこれに対し、Twitterで「完全なデマ」と否定していた。

      テーマ:

プロフィール

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス