おはようございます。
ピラティストレーナーmamiです。

昨日からクラシカルピラティスを学ぶため浜松に来てます!

LAよりSandy先生が来日しており、Joseph Pilates氏から直接教えを受けたファーストジェネレーションティーチャーJay Grimes氏から直々にクラシカルピラティスを伝授されている人の1人なので、当時のピラティスがどんなものだったのか?
Joseph Pilates氏の後期のピラティスに触れております!


今回学んだ事は、ピラティスは教える教わる物ではなく、動いて感じていくものであると言うこと。

今までは、どちらかと言うとうまく動けない箇所を評価して修正して考えながら動いていました。
しかし、今回は悪い癖のあるところをとにかく意識しながら動く動く動く❗事で本来必要となる身体の芯にはまる❗その結果、悪い癖が抜けていき本来あるべき発揮すべき芯が起動する。

動きを止める事が無いので、常に意識が悪い癖、弱い筋を活性させながら動きます。

ワタクシは下肢が弱く上肢が踏ん張りやすい。
ので、先生からは常に「脚!脚!肩!肩!」と言われ続けながら動きました。

結果下肢が疲れるのかな?って思いますが、お腹や背中に効いておりましたー✌️

すごーい❗

どんな動きをしていても、悪い癖は出てしまうもの。
常に癖に目を向け動く。

ワタクシ達指導者はその癖を評価し癖が出た時に正しい方向へと導く役目があるということですね。

言って効かせるのではなく、癖を正して行った時にどう感じたのかが大事ってね🎵


今後のセッションが楽しみです!
皆様に沢山感じていただけますように✨✨✨


本日最終日。マットワーク。
噂では、マットが一番キツイとか😱😱😱
下肢に意識を向け、悪い癖が抜けるよう頑張るぞい‼️


昨晩のsandy先生親睦会は鳥料理を頂きました😋



Sandy先生はとっても日本酒がお好き💕
とってもチャーミングなお方です💕
年齢11歳差。
ワタクシも11年後sandy先生のようにあれますように✨
目標が出来ましたとさ😊