走れる身体つくり

テーマ:
おはようございます。
ピラティストレーナーmamiです。

昨日は、お客様の走り方チェックをしました😊
というのは、現在M様60才前半。
ランニングを趣味とし、過去に東京マラソンにも参加したことのあるお方ですが、一昨年膝を痛め走る事を止めておりました。
しかし、ピラティスやマスターストレッチと出会い膝の調子が良くなった事と、やっぱり走る事が止められない!との思いでランニングを再開✊

以前の走り方を知っていたワタクシ。
以前は、バタバタと小走り。歩幅が狭く蹴れずに脚が上がらないといった走り方をしておりました。
結果、太ももに負担がかかりパンパンに❗更に小指側に重心をかけやすい癖もありますから、膝に負担がかかってきておりました。


昨年秋頃からピラティスやマスターストレッチを取り入れトレーニング開始。
脚を持ち上げるお腹を鍛え、蹴れるように足裏を鍛え、お尻やハムストリングを使えるように✨

トレーニングを続けた結果、蹴れる分脚も上がりやすくなり歩幅も増え前に進む走り方に変わっておりましたよ🎵
本人いわく、「以前は太ももが筋肉痛で脚が疲れていたけれど、今は脚の疲れは感じにくく筋肉痛もお尻とハムストリングにきています❗」


走り方にも、ピラティスを意識することで身体が楽に走る事ができますね✨

M様。
目指すは、毎年11月頃行われる湘南国際マラソン❕

準備開始が早かったので、仕上がりに向けていいペースですよ🎵

頑張ってくださーい😊✊✊

しっかりサポートしてまいりますね💕

どんな時にもピラティスでありたいカラダ。
いろいろな場面で日常にお持ち帰りしたいピラティス。をお伝えしております🎵

カラダが楽チンでいられるようにピラティスを🎶🎶🎶