ご訪問、フォロー、いいねグッありがとうございますニコニコ

不妊治療歴はこちらからさくらんぼ


2/3は凍結確認でした!

私の中では想定外の結果で、何だかブログを書く気になれず…

更新が遅くなってしまいましたアセアセ



採卵翌日の受精確認では6個中6個受精だったので、最低でも初期胚1個と、胚盤胞が2個凍結出来ていたらいいなーと思いながら、お休みの主人とクリニックに向かいました病院

まずは超音波で卵巣の腫れのチェックメガネ

カーテン越しに先生から「生理は来ましたか?」と聞かれ『まだです』と答えて、エコー

内膜は12mm
右卵巣 24
左卵巣 28

卵巣の腫れもだいぶ治まって来ていましたキラキラ

そして内膜12mmに驚き。

採卵周期も、こんなに厚くなるんだったっけ?笑


その後、培養士さんに呼ばれて凍結結果を聞きました。

机に結果の用紙が置かれたので一瞬でパッとみると、凍結出来たのは2個?


1つは5日目胚盤胞 4AAキラキラ

あと1つは、6日目胚盤胞 3BB-と…

ん?
B-ってお初にお目にかかるけど、何?アセアセ

初期胚は?

と思っていると、培養士さんの説明が始まりました。


お母さん「凍結は2個出来ました。
5日目胚盤胞は4AAでいいです。

ただ、もう1つは6日目胚盤胞で、3BB-で凍結するかどうするか悩むところでしたが、ギリギリ凍結出来ました。

また初期胚ですが…
3日目でグレードII以上が凍結基準なのですが、全てグレードIIIだったので基準に満たず、凍結出来なかったので、胚盤胞まで培養しました。」


なんとーえーん

残っている2回目採卵の凍結胚は胚盤胞なので、2段階移植(初期胚と胚盤胞)が出来なくなりましたアセアセ

ガーン………ガーン


初期胚の凍結基準を知らなかったので、初期胚凍結は出来るだろうと思っていたので、呆然としてしまいました


しかも全部、3日目でグレードIIIって、凍結出来はしたけどあまりよろしくないよね…


40歳の採卵って、こんな感じなんだと痛感させられましたアセアセアセアセ

ちなみにトータル3個の胚盤胞が凍結してありますが、3BB-は凍結したものの、融解してどうなるかはわからない模様です。


次は初期胚と胚盤胞の2段階移植の予定だったので、それが出来ないことは確実に決まりタラー

培養士さんからは「胚盤胞の2段階移植も出来るので移植するか、また採卵をするか、先生とご相談してください」との事。

結果がショックだったのと、この日は若い培養士さんだったので、色々聞く気になれず、わかりましたとだけ答えました。

奥様だったらよかったなぁ…なんて思いつつ、診察室でそのまま先生を待つことに。

主人もちょっと驚きの結果だったようで「予想外の結果だったね。どうしようね…」と聞くと、「うーん…」と。

それだけかーい!と思いましたが、私の中ではまた採卵して貯卵しておきたい気持ちがあるので「また採卵かな」などと話していると先生登場。


カルテを見ながら先生も「2個かー」とアセアセ

トイプードル「そうなんです…。
前の残りが1個なのと、初期胚が凍結出来なかったみたいで…
AMHも低いし、また採卵した方がいいかなとも思うのですが…」

メガネ『そうだねー。やっておいてもいいかもね。』

トイプードル「今回未成熟が多かったですが、またやる場合は誘発は何がいいですかね?」

メガネ『んー、ショートでいいんじゃないかなぁ。あとは、新しく始めたプロゲスチンでもいいかもだけど。』

プロゲスチン法は、マイルドアンタゴニスト法とも言われていて、月経3日目ごろから連日クロミッドを内服+クロミッド内服の3日目から低用量のFSHまたはHMGを1日おきに数回注射。

1番大きい卵胞が16mmくらいになったらアンタゴニスト注射を併用して排卵を抑えながら複数の卵胞を育てる。アンタゴニスト注射開始以降はFSHまたはHMG注射が毎日必要。卵胞が18mm~25mmでE2(エストラジオール)値が1個当たり250pg/ml以上になったら、卵を成熟させるトリガーとしてHCG(OHSSのリスクがある時はアゴニスト)を自己注射。

トリガーから34時間から36時間後に採卵。

メリットは、トリガーをアゴニストで行えるため、OHSSリスクを最小限に抑えられる。アンタゴニスト法より注射の回数が少なめなので、費用を抑えられる。採卵をする前に排卵してしまうことによる採卵キャンセルの可能性は低め。

デメリットは、低容量の誘発でスタートするため、卵胞が育たない場合があるそうです。

でも、私は初回にアンタゴニスト法で、6日目のBBの卵しか凍結出来ず、ショート法ではAAが出来ているので、ショートの方がいいかなと思うとの事。

確かに、アンタゴニスト注射は注射後に赤く腫れてしまったトラブルがあったので、合わないのかもしれないので、やるなら成績がいいショートの方がいいかなと思いました。

また先生から『反復着床障害の検査って、子宮鏡検査、ERA・EMMA・ALICE検査と慢性子宮内膜炎の内膜検査があって。この辺で内膜検査をしているところがなかったんだけど、県内で検査会社を見つけてうちでもやる事にしたから、それもどこかでやってもいいかもねー』と。

なんと!びっくり

CD138がうちのクリニックでも出来る様になったんですー!!拍手

次の移植でダメだったら、都内まで検査だけしに行かないとかなーと思っていたので、めちゃくちゃ嬉しいよー笑い泣きキラキラ

本当に本当に不思議なのですが、私の治療の進み具合に合わせて、この1年でERA検査一式、子宮鏡検査、ビタミンDや銅亜鉛検査などが出来る様になり、最後の砦と思っていたCD138まで出来るなんて!!

先生が拗らせ患者の私に合わせて、検査を取り入れてくれているのかなと思う程、タイミングよく導入されて、私の中では本当に奇跡です流れ星

3日はとりあえず、採卵と検査について夫婦で相談してきてねとの事だったので、リセット後の今日、相談に行って来ました病院

5日にリセットして10日に生理ちゃんとさよならしたので、今周期はお休みで、今週末にCD138検査をして、次のリセットからピル周期→採卵する事にしました!

あと、 11月に検査してガッツリ引っかかり、サプリで補充している、ビタミンDと銅亜鉛の採血も今日お願いしてやってもらいました💉


今までは採卵後に移植していて、初の連続採卵(と言っても、仕事の都合もあり2周期は空くけど)なので、助成金申請が出来ないのが、お財布的にはかなりきついですがアセアセ

少しでも若い卵を貯卵しておきたいので、節約しながら頑張ります爆笑