コワイオモヒデ

以前、チラッと

「晩秋、岩山の岩陰で一夜遭難した」と書いた事がありました。

(山慣れしてる方には怒られそうですが…今はもっと用心してますので)


5年位前、野湯中心に数日東北温泉巡り。

最後、帰る前にあと1ヶ所行こう、

日が暮れそうだけど、ササッと行ってちょっと浸かってすぐ帰ろう、と山へ。


こんな風に軽く考えちゃったのも、持ってた情報が、

「険しい近道なら20分、平坦な遠回り道なら40分」だったから。

(あとで全く違うって分かるのですが…)


それまで野湯へ行く時は、ビーチサンダルでした。

滑りにくいし、お湯に浸かって濡れた足でもOKだから。

すぐ着くと思って、この時もビーサン。11月初め。


道は、険しい近道を選択。

崖に板を渡したような箇所、崩れた箇所もあり…

(滑落事故でもあったんじゃないか、って見た目で怖い)

それにしても着かない。


湯・旅・海・釣・食・祭…芹沢友綺の[毎日セリコ]
「温泉ひいてるパイプがあるから、もうすぐじゃない?」

などと言いながら、進む…。


…着かない。


引き返せば良かったのに、ここまで来て浸かれず帰れるものかと進む。

岩に印がついてるから、このまま進めば絶対着くはずと思い込んだ。

同行者より、むしろ私が行こう行こうと…取り憑かれたかのようでした。


薄暗い中、岩場を登り、斜面を登り…

どのくらい登ったんだろう、完全に間違えたと自覚した時は遅かった。

(以前出しましたが、翌朝の写真。)
湯・旅・海・釣・食・祭…芹沢友綺の[毎日セリコ]
(白矢印から黄色矢印に行きたかったのに、赤矢印のもっと先に行ってた)

とうとう真っ暗になった。

雨も降ってきた。


もう動くのは危ない。

石ゴロゴロの斜面で、唐突に大きな岩が現れ、

屈んでやっと通れるくらいの空洞があった。

ここで朝を待つしかない。

(あとで分かったけど、この岩は登山の際のちょっとした名所でした)


こんな岩↓
湯・旅・海・釣・食・祭…芹沢友綺の[毎日セリコ]
(真ん中の物体は、タオルにくるまった私。)


洞窟ではないので風が抜ける。

いつしか風がゴーゴーと強くなっていて、軽装だったから寒い。

本当にすぐ帰るつもりで、携帯も持ってない。(繋がらないだろうけど)

仕事では持ち歩いてるホカロンもない。

飴の1つもない。


空洞の中に、周囲の小さい石を積んで、

杖がわりに持ってた傘を広げてテントみたいにして…

でも風が抜けてくる。寒い。


ゴーゴーと言う音が尋常じゃなく、暗闇の中で本当に怖くて

「山の神様ごめんなさい!!!」と叫んだ。

笑われるだろうけど、この時は真剣。本当に怖かった。

数年、風の音で震えがくるほどトラウマでした。


2人で大きなタオルをかぶって、傘に隠れるようにしていたけど、

同行者もビーサンで足が冷え過ぎて、もう感覚が無い・動かない、と…。

こんなんで凍傷にでもなったらどうしよう…

同行者の氷のように冷たい足を擦り続けました。


空洞の上は、さらに山が続いてるのだけど…

暗闇の中、ふと上から気配がする…。

何かがこちらを伺ってる気配。


熊だったらマズイ!(秋だし可能性ある)

2人で「ワー!」とか「ホー!」とか声を出して、人居ますよアピール。

(今は、旅に出る時は必ず熊鈴持ってます)


動物しかありえないけど、暗闇の中、もののけの類な気もしてしまい、

これまたかなり怖かったです。

(手で回して点くライトは持ってたけど、とても弱い)



そのうち同行者が寝始めた。

えっ…寝かせていいの?ヤバイの?分からない、どうしよう。

私が岩場登るのを引っ張ったりしてるから、私より疲れてるだろうけど…。

デジカメで時間は分かるので、1時間ごとに起こす事に。


その間、私は積んである石からの隙間風を止めようと、

座ってる周りの土を手で掘って、石の隙間に詰めていった。
湯・旅・海・釣・食・祭…芹沢友綺の[毎日セリコ]
同行者は起きるたびに見ると、私が土を掘っていて…

気がオカシクなったのかと思ってたらしい。

(指先がボロボロになり、治るのに数週間かかりました)


掘ってる間も、たまに何かの気配がする。


とにかく夜が長くて長くて…

やっと明るくなり始めた頃はクタクタでした。


同行者は寝て正解だったらしく…

登ったらどこかに出れるのか、ちょっと上の方を見てくる、と。

30分進んでどこにも出なければ戻る、という約束で同行者出発。


って事は、1時間で戻ってこなかったら探しに行かなきゃ…

と思いながら、明るくなった安心感からウトウト。

同行者戻ってきた時には、ウトウトで逆に疲れが出て動けなくて、

あと2日くらいココでジッとしてれば、誰か探しに来てくれるんじゃないか、

だからココに居る…なんて思考になってしまってた(疲)


同行者は霧の中、崖から滑りそうになりながらも開けた所に出たそう。

そこでサーッと霧が引いていき…目の前に墜落事故のモニュメントが現れた…。

あとで調べたら墜落死亡事故があった所だし、

夜登ってきたところも、違う方にそれてたらガスで死亡事故があった所でした。


で、避難小屋があって、地図があった。
湯・旅・海・釣・食・祭…芹沢友綺の[毎日セリコ]
進んでも進んでも、別の山に入りこんでしまうだけ…。

(矢印が進んできてしまった道。黄色は山)


雨が止んでるうちに、戻るしかないと説得されて、


頑張って帰るぞ写真を…。

(私の気力を起こさせる為。この顔、自分で見ても怖い…)


帰りの斜面が怖過ぎた。
湯・旅・海・釣・食・祭…芹沢友綺の[毎日セリコ]
傾斜が…。体をまっすぐに出来ない。

砂利で滑りそう。

夜、どうやって登ってきたんだろう。


亡・父をしょっちゅう思い出しても、助けて!と思った事は無い。

なんか悪いような気がして。

でもこの時ばかりは、助けて!と思った。


分かるかな。
湯・旅・海・釣・食・祭…芹沢友綺の[毎日セリコ]
砂利の斜面滑っちゃったら、その先が無い。


湯・旅・海・釣・食・祭…芹沢友綺の[毎日セリコ]
斜面に着くまでも怖かった。

「怖いーっ」って泣きかけたけど…

泣くと集中できないから平常心を自分に言い聞かせ。


2時間以上、下ったかな…

ようやく、本来の目的地にたどり着きました。
湯・旅・海・釣・食・祭…芹沢友綺の[毎日セリコ]
沼○温泉の源泉。

川が温泉状態。

管理小屋?も、木の橋もけっこうボロボロ…。

いい感じじゃなくて、廃墟系ボロに見える。(気分の問題?)


(場所分かる方もいらっしゃるでしょうが、ハッキリ書かないで下さいませ~。

今は立ち入り禁止かもしれず、最新情報分からないので…。)


こんな思いまでして着いたんだから浸かる、と同行者…。

え…浸かるの…(疲)


一応写真…(顔ボロボロの為、一部隠してます…)

でも背後に霧迫る。

「わー来たー!」また泣きそう。

風の音も怖いが、霧も怖い。

しかもぬるい。冷えた体温められず。


ここからの帰り道は、表示などあって分かった。

でも事前情報大間違い。

全然平坦じゃないし、40分なんてとんでもない。

砂利の斜面登って、登山道通って、沢?下る事、約1時間半。

やっと駐車場に辿り着きました。


下りてこれて良かった…。

救助来るなんて有り得ない静けさ。

もし助けられても、ビーサンで山登った常識知らずとしてニュースになったら最悪。

野湯好きにも迷惑をかけてしまう。


以来、場所に応じた靴等その他色々用意するようになりました。

日没時間前に戻るよう時間配分もしっかり。

ムリはせず、迷ったら戻る。

猛省しました。



翌年5月、登山道からリベンジ。

正しい道からだと、こんな景色。
湯・旅・海・釣・食・祭…芹沢友綺の[毎日セリコ]
雪がけっこう深く残る。

雪の下が岩の隙間だったり、

草が出てるのかと思ったら木で、ズボッと足がハマってしまったり…

2時間くらいかかりました。


湯・旅・海・釣・食・祭…芹沢友綺の[毎日セリコ]
砂利の斜面を下りる時は、傾斜が怖くてまた泣きそうに。

そういや私、ちょっとだけですが高所恐怖症。


またあの壊れそうな木の橋通ったり、川少し下ったりして、
湯・旅・海・釣・食・祭…芹沢友綺の[毎日セリコ]  

湯・旅・海・釣・食・祭…芹沢友綺の[毎日セリコ]
温泉で真っ白な川。

綺麗…だけど雪解けで水増えてて、やっぱりぬるいのでした…。




湯・旅・海・釣・食・祭…芹沢友綺の[毎日セリコ]

芹沢友綺
写真・文の転載禁止