2018-01-20 13:35:15

シャンパン古酒と紹興酒

テーマ:シャンパーニュの食卓

このシャンパーニュは、ヴィンテージ(収穫年)の違うブドウを

ブレンドしている、いわゆる、ノンヴィンテージ、

のカテゴリーになります。

ノンヴィンテージと聞くと=若い

ヴィンテージと聞くと=古い

一般にそんなイメージですが、

このノンヴィンテージシャンパーニュは、

なんと、1984年と1985年の古いブドウがブレンドされています。

そう、古いんです(*^_^*)

かつ、少しおくと風味の出やすいムニエが40%も使用されています。

古酒の旨味たっぷりです&紹興酒と交互に飲むのに、ぴったりです!

そして・・・お値段が優しい(感動)

「Alain Couvreur Brut Nature Blanc de Noirs

  アラン・クヴルール・ブリュット・ナチュール・ブラン・ド・ノワール」

 

この日はどうしても餃子が食べたかったわりに・・・

皮をこねるまでは気がすすまず、

市販の皮でなんとか・・・まあ、いいですね(笑)

古酒シャンパーニュも合わせてみました。

和食に戻しまして・・・

いただいた小松こんぶを

少し昆布で〆めた鯛にくるんで!

お醤油より、旨味がじわーーっと効いて

おすすめです。お手持ちにあれば是非!

まぐろの脳天と尾の冷凍を買いためていたので

ねぎまに。。

下仁田も千寿もみつからず、上州ねぎ。

少々さっぱりめで、これもよいです。

最近は、「和食・洋食・中華・・・」というカテゴリーにこだわらず、

食べたいものをお酒の力を借りて、上手に組み合わせることにしています。

なかなか落ち着い食卓を囲める時間が少なくなっています。

食は人の基本、今年は意識して、

「シャンパーニュの食卓を!」

                    

いいね!した人  |  リブログ(0)

増竹ゆかりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります