2017-08-10 10:58:40

成田屋の食卓

テーマ:シャンパーニュの食卓

家庭の温かさがあって、家族の物語があって、

素晴らしいなあ~と思います。

発売後すぐに購入した 「成田屋の食卓」

はまっております!笑
今回はレシピの中から一番のお気に入り

「鯛と雲丹のカルパッチョ」

ドレッシングには生クリームも使用、

こんな風に混ぜ混ぜしていただきます。
美味しいですよ~ 皆様も是非、「成田屋の食卓」

お買い求めください (自称応援団 (^^♪)

お揚げと九条ねぎの炊き合わせ

美味しいお揚げを使うのがポイント。

私はいつも、両国の「豆源郷」さん!

             きゅうりと生湯葉の酢の物

             生湯葉をいれるとねっとりしていい感じです。

             なんちゃって白和え風?

岩牡蠣、さすがにこのクリーミーさは、
数個で大満足。それ以上は、無理っ。

のど黒の炙り、のど黒は、のどの奥が黒いから

「のど黒」だそうで、思いついて口の中を見たら、

黒かったです(笑) この歳になっての初好奇心・・・

魚づくしのラストは、鯛蒸し!

最後にたれをかけて熱した油をジュッとかけます。

このお料理は、埋め尽くすように香菜を添えるのが、

私の習慣、いいのか悪いのか、ちょっとはかりかねますが(^^;

 

さて、シャンパーニュ。
写真を撮り忘れましたが、この左にしました。
最近の私の中のヒットです!

「ペルスヴァル・ファルジュ・キュヴェ・ジャン・パティスト」

95~98年のキュヴェをブレンド、瓶内熟成15年。

おだやかに、なめらかに、でも静かな深みがあります。
(ご興味ある方、ポンポンヌへね、笑)

 

本日は、少しずつ、私もお気に入りを、散りばめてみました!

そろそろ洋食も食卓に並べねば・・・

いいね!した人  |  リブログ(0)

増竹ゆかりさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります