『愛聖女-Sainte♡d’Amour-』千秋楽ライブビューイングに昨日行きました。

 





愛希れいかさんは、キラッキラで可愛くって、ぐんぐん引き込まれました。

そして真ん中が似合うと思った。

 

 

ジャンヌ・ダルクは、濃いめのキャラクターだったから、いわゆる宝塚らしいプリンセスではないけれど、それでも全然嫌味なく、むしろ魅力的に見せてくれる愛希さんのパフォーマンスに見とれてしまった。

 

本当に

確かな実力と、華やかな舞台姿で数々の作品を彩ってきた愛希れいかの魅力を余すところなく詰め込んだ、新感覚のミュージカルショー。

だった。

 

 

お衣装も全部可愛くって。

最後の白いドレスは美しくって。

舞台姿の魅力も余すところなく堪能させていただけました。

 

 

娘役として主演を果たし、バウ公演初のライブビューイングを果たし、愛希さんは記憶だけでなく記録も残したんだなぁと感じました。

 

あっ、まだお別れモードの感想は書きたくないから、これぐらいにしておきます。

 

 

脇を固めるみなさんも芝居巧者で芸達者。

紫門ゆりやさん、白雪さち花さん、千海華蘭さん、晴音アキさん。

キャラ濃いめのお芝居でも破綻がなくって、それぞれの登場人物が愛おしく見えてくる。

もう本当に、上手い。

 

 

 

輝生かなでさん・夢奈瑠音さん、若手の男役さんたちも学年を忘れさせる安心感。

 

そして天紫珠李さん、ちゃんと意識してお芝居を観たのは初めてでした。

主演の愛希さんと一番深く係るお役。

スカイステージの番組で歌を聞いて(『うたごころ』だったと思う)、上手いなぁと思っていたけれど、ダンスも体の動きが大きくて、気持ちがよかった。

これから娘役さんとして活躍が楽しみだなぁと思いました。

 

 

 

私どうしても当日バウで観劇されていた皆さんにお礼を申し上げたいことが。

 

カーテンコール、頑張ってくださってありがとうございます。

 

 

最後に緞帳前にちゃぴちゃんが登場したのを見て、「ありがとうビックリマーク」って小さくガッツポーズしちゃいました。

 

 

きっと、緞帳前に立つちゃぴちゃんの姿は、この公演でしか観ることはできないだろうと思うからです。

 

 

卒業公演は『エリザベート』だけれど、どれほどカーテンコールがあっても、トップ娘役さんだけで緞帳前に出てくることはないだろう思うから。

 

 

 

『エリザベート』のチケットは確保できてなくって、東京千秋楽のライブビューイングに賭けようと思っています。

 

 

今年前半は『ポーの一族』『あかねさす紫の花』で盛り上がり過ぎて、ただいまちょっと燃え尽き気味。

 

花組・雪組以外は、反応が薄くなっています。

と言いつつ『WEST SIDE STORY』も行くんですけど(笑)

 

 

次の金曜日は、いよいよ花組宝塚大劇場公演の初日。

始まってしまうと燃え尽き気味なんて言っておきながら、また勝手に盛り上がってしまうのだと思います(笑)

 

 

 

いつもポチっと、ありがとうございます(=^.^=)  


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村