12月4日の放送 「ムジカヴィータ・イタリア第7号の特集は」 | ミュージックラウンドアバウトのブログ

ミュージックラウンドアバウトのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

12月になってしまいました。今年も残すところひと月です。

今日は11月8日に発売されたイタリア音楽情報誌「ムジカヴィータ・イタリア」第7号の特集をご紹介します。

特集は表紙になったアンドレア・ボチェッリとジョルジャのふたりです。

ボチェッリは今イタリアの歌手の中で世界で最も有名な人です。サラ・ブライトマンとの「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」は世界中で聴かれています。イタリアン・ポップスとオペラの双方で大活躍の盲目の歌手です。

ジョルジャはラウラ・パウジーニとともに今イタリアで最も人気のある女性歌手です。


曲目リスト

1.アンドレア・ボチェッリ 「コン・テ・パルティロ」

2.アンドレア・ボチェッリ&セリーヌ・ディオン 「祈り~プレイヤー」

3.アンドレア・ボチェッリ&ラウラ・パウジーニ 「生きる」

4.アンドレア・ボチェッリ 「逢いびき」

5.アンドレア・ボチェッリ&ジョルジャ 「彼女のために生きる」

6.ジョルジャ 「Come Saprei」

7.ジョルジャ&ミーナ 「Poche Parole」

8.ジョルジャ 「Gocce Di Memoria」

9.ジョルジャ 「Io Fra Tanti]

10.カテリーナ・カゼッリ 「青春に生きる」


1995年のサンレモ音楽祭でボチェッリが歌った 「コン・テ・パルティロ」 が後に 「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」 となりました。そして、この年のサンレモ音楽祭の優勝曲がジョルジャの 「Come Saprei」 です。いわばふたりは同期ということになります。

ボチェッリを育て売り出したのは、かつてのアイドル歌手のカテリーナ・カゼッリでした。イタリアの有力な音楽出版社シュガー・ミュージックの社長の息子と結婚し歌手を引退、マウロ・パガーニのソロ・デビュー・アルバムを出したのもこの人です。シュガー・ミュージックについて書かれた記事は大注目です。

詳しくは「ムジカヴィータ・イタリア」第7号をお読みください。


11月29日にNHKホールで行われたイエスのコンサートは楽しめました。もちろん「ラウンドアバウト」も演奏しました。


来週はリチャード・トンプスン・ファミリーのアルバム 『Family』 です。

お楽しみに。


ミュージックラウンドアバウトさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。