ねーねー、自分今日は何しに来たの? | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

おはようございます!

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

 

 

本日の記事、No1,731です。

 

 

LINEでもご相談

お受けしています♪

  友だち追加

 

 

 

 

 

↓  本文  ↓

 

 


 

今日の記事は、障害年金の

更新を控えたお客様からとても

多く寄せられる、とある

質問についてです。

 

 

あなたも同じ疑問を

抱えておいでなら、

参考になればと思って。

 

 

じゃーさっそく。

 

 

それは何かというと。

 

「通院が途絶えている

ことが、何か不利に作用

するのだろうか?」

 

というものです。

 

 

 

 

状況としては、

 

・身体の状態は、そう大きく変化する

ものではないと診断されている。

・医師からは、規則的に通うよう指導

されていない。薬の処方も何もない。

・自分としても、定期的に医者に診て

もらう必要性を感じていない。

 

 

だから、

規則的な通院をしていない。

 

むしろ、診断書を依頼する

タイミングくらいしか、

受診をしない。

 

 

・・これが問題になるか?

 

 

 

と、いうものです。

 

 

 

こちら障害年金更新の

実務上というお断りの上ですが、

受診していない理由が先に

書いたようなことなら、

問題はありません。

 

 

 

まず、自身が通院の必要性を

感じないならふつう受診しません。

治療も何もないのに、医者に

通う人はいません。

 

 

お医者さんも、定期的に様子を

診た方がよければそういう指導は

するけど、そうじゃないなら

「じゃーこれで終わり」と

なるのがふつう。

 

 

にも関わらず。そう

判断した人が1ヶ月後に来たら

「ねーねー、今日は何しに

来たの?(することないよ)」

ー ふつうこういう話になる。

 

 

だったら、診断書を

もらうためにだけ数年おきに

受診するということは

起こり得ます。

 

 

 

 

たしかに

 

 

 

 

「半年に一回は様子を見せに

来てくださいね。」と言われて

いたにも関わらず受診を

すっぽかしてたら、それは

良いことではありません。

 

 

「なんで来なかったの!」と、

怒られても仕方ない。

 

 

でも中には

「他所に行かれたのかなー」

くらいに思われる場合も

あるかもしれません。

(わかりませんが。)

 

 

 

ご自身の現実にあてはめて

年単位で受診が途絶えた理由が

不自然でなければ、更新にあたって

その状況をそう懸念すること

ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

 

 

またお目にかかりましょうバイバイ

 

 

 

障害年金お手続情報は

こちらでお確かめください

ニコニコ

 

↓ ↓ ↓

 

■障害年金

ご相談ホットライン

0852-67-6576

 

 

■LINEでもご相談

お受けしています♪

  友だち追加

 

 

■無料メール講座

 

あなたの御手続、早く、

 

 

お手続を解説したガイドブックと

無料メール講座はこちら

↓ ↓ ↓

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。

 

 

 

 

 

士業・コンサル業の先生向け

コンテンツはこちら

↓ ↓ ↓

〜 不滅の商魂理念から

最新ウェブマーケティングまで 〜

 

 

 

 

from