【業務連絡】厚生労働省から電話連絡がありました。 | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

 

おはようございます!

 

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

 

 

本日の記事、No1,717です。

 

 

LINEでもご相談

お受けしています♪

  友だち追加

 

 

 

 

 

↓  本文  ↓

 

 

 

 

 

不服申し立てが

認められました。


 

初診日と等級をまとめて

争っていた件なのですが、
主張が全て認められました。




実務上は「処分変更」と言って、
不服申し立ての最終審理が
行われる前に国が争いから
下りたというものです。



 

 

そうとわかったのは、
「主張を全て認めるから、
不服申し立ての取り下げを」

という電話連絡が厚生労働省

からあったから。


 

でも、証書が届いて
振り込みが始まるのは
おそらく年明け。







 

以下、お客様ご承諾の

もと概要を残します。

 

こういうことでした。

 

・指定難病で明らかに2級相当。
 

・初診日を直接証明するものは

何もない。ご本人もはっきりと

日にちを覚えていない。手元に

残しているものも、何もない。
ただし、初めて受診することに

したきっかけと、初めて受診し

た時期の記憶は鮮明。ただただ
直接裏付けるものが何もない。


・転居に伴う複数の転院先で、

その都度、初めて受診した時期

とその医療機関の名称を告げて

いた。そしてそれらの証明書が

全て取れた。全国から取り寄せ

た数は7件。


・それらの証明書を時系列に読

むと、「コレコレこの時期に、

この医療機関を受診したことは

確かなようですね」と、読める。

なぜなら、自分が障害年金の対

象になるなんて全然考えてない

時期の受診である以上、それら

の申告に虚偽などあり得ない。

 

・加えて、初めて受診したきっ

かけのエピソードについて、「

たしかに身近な人にそう言われ

たら普通誰でも病院行くよね」

という文書も作成。



そして実務上は、

“コレコレこの時期”の

末日を初診日としました。

 

 

 

末日としたロジックは、

「遅くともこの日までには

受診していたはずです」という

意味。だから、具体的な

日にちを証明したワケ

ではありません。

 

 

 

そもそもわからないし。

むしろ、末日以外の日にちを

具体的に主張すれば、それって

創作になってしまう。

だから丸めて末日。

 

 

 

 

あまり知られていませんが、

この手法は、承認された

手続として存在します。

 

 

 

 

 

 

ところが。




日本年金機構の審査は

「却下」。却下とは門前払いの

こと。初診日を認めないから

納付要件も計算しないし、

診断書審査もしなかった。

 

 

審査期間が標準内に

収まらず結構長かったから、

丹念に確認してくれたのは

よくわかった。だけど、

認めないと。




 

いやそれはおかしいで

しょうと私は思考し、即、

不服を申し立てました。

 




次、社会保険審査官の決定は

「棄却」。棄却とは、あなたの

主張をなぞって審査のやり直しは

しました。だけど、国が行った

手続には何の誤りもない

ということ。だから

主張は認めない。

 

 

 

 

そうなると、支給しないとの

結論に変更は加わりません。




 

 

でも不服申し立ては

もう一回できる。

即実行しました。

ホントにすぐやりました。

 





そして結局のところ

国の決定が間違ってました。

こっちが正しかった。

 

 

 

でもね私、最初から

ずっとずっと言い続けてました。

もう2年も前から同じ主張を

ずっと言い続けてます。






ほんと、当事者を

振り回すのもいい加減に

しろと言いたい。
 

 

 

お互いを目の敵として

未来永劫、明日も明後日も

いがみ合いたいワケじゃ

ないのです。



ただただ、

こちら側に顔を向け、

こちら側の話を聞いて欲しい。

 

 

 

汲んでもらって然るべき

事情は、最初から伝えている。

頼むからそれに耳を

傾けてくれ。

 

 

ホントにそれだけなのです。

 

 

 

 





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まー、このくらい

にしておきましょう。

ニコニコ

 

 





 

 

こちらのお客様、

かねてからお取り次ぎを

頂戴しているお医者さん経由で、

請求当初から弊所が
関与しました。

 

 

 

間違いなく、ご本人さん

ご家族さんだけで

この手続は無理でした。




お医者さんには、

「役所と話が噛み合わんのです」
という情報は随時お伝えして

いましたが、これで結了と

ご報告できます。


 

 

 

 

と、いうことで。




 

 

初診日の年月日を

直接証明するものが何も

なくても、受給できる
可能性はあります。

 

 

 

時間はかかるかも

しれないし、内容がたやすい

ことではない。だけど、話の

通じる公務員はいます。

 

 

 

だから、諦めないでください。

 

 

 

 

実は弊所は現在、同様に

初診日を不服申し立てで争って

いるものが3件あります。

どれもこれも、諦めてません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手続にご懸念があれば、

弊所がご相談承ります。

 

 

お困りごとのレベルや

タイミングは一切問いません。

喜んでお話を伺います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

 

 

またお目にかかりましょうバイバイ

 

 

 

障害年金お手続情報は

こちらでお確かめください

ニコニコ

 

↓ ↓ ↓

 

■障害年金

ご相談ホットライン

0852-67-6576

 

 

■LINEでもご相談

お受けしています♪

  友だち追加

 

 

■無料メール講座

 

あなたの御手続、早く、

 

 

お手続を解説したガイドブックと

無料メール講座はこちら

↓ ↓ ↓

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。

 

 

 

 

 

士業・コンサル業の先生向け

コンテンツはこちら

↓ ↓ ↓

〜 不滅の商魂理念から

最新ウェブマーケティングまで 〜

 

 

 

 

from