活字に飢えている方へ、私が最近読んだ本 | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています
新型コロナウイルスに関する情報について

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

 

おはようございます!

 

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

 

 

本日の記事、No1,688です。

 

 

LINEでもご相談

お受けしています♪

  友だち追加

 

 

 

 

 

 

↓  本文  ↓

 

 

 

 

 

週末なので手短に。

 

個人的な話です........

 

 

 

 

気になった本はパパッと

手にとって買っちゃうんですが、

でも、積ん読になる

ことが多いです。

 

 

 

買って満足した!みたいな。

 

 

 

で、数がたまると

流石にひととおり読まないと

もったいない......と思うんで、

今月買った本は

全部読みました。

 

 

 

 

近頃の社会情勢を

バシバシ斬って斬って

斬りまくる内容も

ありました。

 

 

 

活字に飢えている人で

(何かいい本ないかなー)と

お考えの方は、もしよければ

参考になさってください。

 

 

 

 

 

 

ではどうぞ

 

 

 

 

 

“テレビの見過ぎは社会毒”

“真の健康法はコレ”っていう

のがわかりやすい言葉で

綴られてます。

 

 

 

 

思想とか歴史観とか

国家観とか、まー色々と

考えましたな。

 

 

 

 

次の住処は富山に決定!って

感じですね。北アルプスも近い。

真剣に考えちゃいま......

 

 

 

 

コロナとコロナワクチンに

ついて懐疑的に綴られている

海外の書籍です。

 

周回遅れの日本

にはちょうどいいかも。

 

 

 

 

コロナ禍について、今後の

世界中で懸念されていることが

いくつか綴られています。

 

 

 

私はコロナ懐疑派かつ

ワクチン慎重派です。

 

 

そして、偏りなく情報を

得ることで、それぞれの立場や

見解の違いは埋められると

思っとります。

 

 

 

 

最後こちら

コレがイチオシ。

 

 

 

 

今の社会情勢を理解するのに

一番ふさわしいと思った。

表現者クライテリオン。

 

 

 

堅っ苦しいのが苦手で

なければ、一家に一冊って

感じです。中学生以上なら

読ませて大丈夫。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃーまた来週!

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

 

 

またお目にかかりましょうバイバイ

 

 

 

障害年金お手続情報は

こちらでお確かめください

ニコニコ

 

↓ ↓ ↓

 

■障害年金

ご相談ホットライン

0852-67-6576

 

 

■LINEでもご相談

お受けしています♪

  友だち追加

 

 

■無料メール講座

 

あなたの御手続、早く、

 

 

お手続を解説したガイドブックと

無料メール講座はこちら

↓ ↓ ↓

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。

 

 

 

 

 

士業・コンサル業の先生向け

コンテンツはこちら

↓ ↓ ↓

〜 不滅の商魂理念から

最新ウェブマーケティングまで 〜

 

 

 

 

from