役所から届いた通知書は、いつまでとっとけばええもんでしょうか? | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

 

おはようございます!

 

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

 

 

本日の記事、No1,675です。

 

 

LINEでもご相談

お受けしています♪

  友だち追加

 

 

 

 

 

↓  本文  ↓

 

 

 

 

 

年金相談のお客様から

よくあるご質問に次のような

ものがあります。

 

 

 

「役所からは次から次に

似たような書類が届くけど、

一体、いつまでとっとけば

ええもんでしょうか?」

 

 

全部のプリントをとっとく

必要があるんでしょうか?

 

 

 

 

似たような書類がたくさん

あって、ワケわかんないん

だけど!貴重品入れの菓子の

カンカンが一杯なんだよ。」

 

 

 

*よくあるこんな感じのカンカン*

 

 

 

 

 

たしかに混乱しますよね。

似たような書類が多いし。

 

 

 

 

 

弊所はこうお答えしています。

 

「 年金関係で届く書類は

 ・ずっと保管しておくもの

 ・定期的に入れ替えて良いもの

 このふたつがあります。

 

 届いたら内容を確かめて、

 入れ替えて良いものなら

 古いものは処分して

 差し支えありません。 」

 

 

 

 

 

 

例えば

 

 

 

 

 

“ずっと保管しておくもの”

には何があるかといえば。

「年金証書」がそうです。

 

 

初めて権利を得た時にだけ

届くものです。その後、内容を

更新する同じタイトルの

ものは届きません。

 

 

どんな権利をいつ得たかを

明らかにするものなので、

何年でも保管しておくことが

望ましいです。

 

 

 

“定期的に入れ替えて良いもの”

には何があるかといえば。

受給者に届く「支払通知書」や

加入者に届く「ねんきん定期便」

などがそうです。

 

 

支払通知書は、

「今年あなたにいくら払います」

というお知らせです。

したがって、新しい年のものが

届けば、古いものはもう

必要ありません。

 

 

ねんきん定期便は、

年齢によって届く書類の仕様は

異なりますが、基本的に直前の

情報が上書きされる構成に

なっています。

 

 

したがって、新しいものが

届いてそれが前回から進んだ

情報になっていることが

確認できたら、前のものは

もう必要ありません。

 

 

 

いちおう。「もう必要ない」

と記してはいますが、内容は

よくお確かめくださいねウインク

 

 

 

にしても、

(捨てるのはなんか不安...)と

思われるお客様もあります。

 

 

だったら、記念にとって

おかれても全然構いません。

ただしその場合は、一番新しい

ものを上に重ねるよう

オススメします。

 

 

 

参考になさってください。

 

 

 

 

 

 

それで。

 

 

 

 

 

 

弊所がお手続を代理して

障害年金の権利を得た

お客様には、カンカンの

代わりになる書類ケースを

一点差し上げています。

 

 

 

せっかく社労士が

関与したのに、情報整理で

混乱していただきたくないと

思っているからです。

 

 

 

サイズはA4で、

「年金証書が届いた」との

お知らせを弊所が受け取った後、

今後の説明をするのと同時に

お渡ししています。

 

 

 

*男性は黒、女性はベージュです(ただなんとなく)*

 

 

 

届いた書類の仕分けが

めんどくさくてワケが

わからなくなりそうなら、

とりあえず全部このケースに

突っ込んでおいてください。

 

 

 

私がまた確認しますんで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

 

 

またお目にかかりましょうバイバイ

 

 

 

障害年金お手続情報は

こちらでお確かめください

ニコニコ

 

↓ ↓ ↓

 

■障害年金

ご相談ホットライン

0852-67-6576

 

 

■LINEでもご相談

お受けしています♪

  友だち追加

 

 

■無料メール講座

 

あなたの御手続、早く、

 

 

お手続を解説したガイドブックと

無料メール講座はこちら

↓ ↓ ↓

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。

 

 

 

 

 

士業・コンサル業の先生向け

コンテンツはこちら

↓ ↓ ↓

〜 不滅の商魂理念から

最新ウェブマーケティングまで 〜

 

 

 

 

from