自分で手続したら、「生活能力高い」と見られて不利になりますか? | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

 

 

おはようございます!

 

 

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

本日の記事、No1,665です。

 

LINEでもご相談

お受けしています♪

  友だち追加

 

 

 

 

 

↓  ここから本文  ↓

 

 

 

 

障害年金のお手続、

自分でできる人はご自身でも

できますよという話です。

 

 

 

 

これから初めての御手続を

お考えのお客様の中に、次の

ようなご懸念をお持ちの

方がままおられます。

 

 

 

それは何かというと。

 

 

 

自分でも時間をかけて

頑張ればできなくはなさそうな

手続なんだけど、あえて自分で

やらないほうが良いのだろうか...

 

なぜなら、自分でやっちゃうと、

「この人生活能力高いから

年金は払わなくて良い」と

見られるような気がするから。

 

 

 

と、いうものです。

 

 

 

 

 

 

 

こちら、そのような

傾向は確認しておりません。

そもそもの話としても、

「誰が窓口に来たのか」

なんてものもありません。

 

 

 

 

自分でできる方は

自分でされて、

受給されてます。

 

 

 

 

おそらくネットの情報で

このような妙ちくりんな噂が

流れているから不安になる

のだろうなとお察し

するのですが。

 

 

 

 

ひょっとしたら、

依頼を集めたい私らの

同業者が、匿名で未確認

不安情報を流しちゃってる

だけかもしれません。

 

 

 

 

 

嘘っぱちなんで、

気にされなくて大丈夫です。

 

 

 

 

 

こういうのを乗り越える

ことで自信もつくんで、

自分でやってみる価値も

あると思いますよウインク

 

 

 

 

 

 

 

一方、

初診日のロジック構成や

複雑な書類の収集と作成、

スピーディな進行など

諸々の負担をなるべく

軽くする方法をお求めなら、

社労士のリードがグーと

強くご提案いたします。

(コスパも良いです)

 

 

 

 

ひたすらに複雑で

込み入った請求ケースは

実在します。そういう見極め

だけなら無料相談で

応じられます。

 

 

 

 

 







 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

障害年金お手続情報は

ぜひ弊所まで。ニコニコ

 

 

障害年金

ご相談ホットライン

0852-67-6576

 

 

LINEでもご相談

お受けしています♪

  友だち追加

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

またお目にかかりましょうバイバイ

 

 

お手続メール講座はこちら

 

 

障害年金手続の情報源はこちら

 

 

 

 

 

お手続を解説した

ガイドブックとメール

無料講座はこちら

↓ ↓ ↓

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。

 

 

 

 

 

士業・コンサル業の先生向け

コンテンツはこちら

↓ ↓ ↓

〜 不滅の商魂理念から

最新ウェブマーケティングまで 〜