再請求をゼロベースで開始するケース | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

 

 

おはようございます!

 

 

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

本日の記事、No1,623です。

 

 

 

 

↓  ここから本文  ↓

 

 

 

 

過去記事の中で、

 

 

“前に一度障害年金を請求した

経験があって、その時の審査は

「不支給」とされた。今般あら

ためて請求するときは、前に提

出した書類をそのままなぞれば

済むケースもある”

 

 

というご案内を

しています。

 

 

 

 

具体的には、

 

 

同じ診断名なら初診日が動く

ことはないから、最近の診断書

を取るだけでいい。

 

前の請求が平成29年度以降

の場合、初診日証明のためのプ

リント取得が省略できる手続も

新設された。

 

病歴・就労状況等申立書は、

前の請求から現在までの経過を

書き足すことで概ねオッケー。

 

 

こういう格好が

取れるからです。

 

 

 

ただし、それができない

場合もあります。

 

 

 

前の請求の時の書類を

何も残していない場合は、

文字どおりゼロベースで

初めて請求するのと同じように

整える必要があると

いうことです。

 

 

 

ただし、前の手続を

行った役所経由で、当時の

書類のコピーを取り寄せる

ことは可能です。そういう

申出をすれば、電話でも

受け付けてもらえます。

 

 

 

 

なのですが。

 

 

 

 

その取り寄せすら極めて

困難な場合も実はあります。

 

 

 

それは、

============

前の請求の時の不支給

通知書を残していない場合

============

です。

 

 

 

 

なぜかというと。

 

 

 

 

不支給通知が出された

正式な日付(行政処分日)が

はっきりしなければ、

探しようがない

という現実が前提なので。

 

 

 

 

 

 

 

平成20年代中頃まで、

障害基礎年金の審査は

都道府県単位で行われて

いました。そしてそれから

数年かけてそれら都道府県

事務センターが、都道府県を

またいで集約されるという

組織改編も行われました。

 

 

 

そうなると。

不支給の決定がいつ時点かが

はっきりしないと、そもそも

当時の書類の保管場所が

どこなのかもはっきり

しないということが

起こってます。

 

 

 

 

 

実は今、弊所のお客様

2件分を探して頂いてます。

ありがとうございます。

よろしくお願いします。おねがい

 

 

 

 

 

コレは、探し当てて

もらうとしても、相当な

時間がかかる見込みです。

 

 

 

 

 

 

しかもコレ、役所が

悪いワケでもない。昔の

書類を探してもらうのは

そもそもサービスで

やってもらってるという

建て付けに近いから...

(私はそう認識しています)

 

 

 

 

 

だったら、時間をかけて

当時の書類を探してもらう

のを淡々と待つよりも、

ゼロベースで整える方が

時間は早く進む。

 

 

 

 

 

こういうことが

現実にある

からこそ、何らかの役所

手続で提出する書類は、全て

コピーを残しておくことを

あらためて強くお勧めします。

 

 

 

 

 

 

念のため。

 

 

 

 

 

 

前回の請求から相当な

時間が経過している場合。

ご自身が、何年前なのかも

よく覚えてないレベル。

 

 

ひょっとしたら、

初診日の証明書類が

取得できないかもしれません。

 

 

時間が経ち過ぎて、

最初の記録が処分されて

いる可能性があるから。

 

 

こういう場合は、

探し当ててもらうのを

とにかく待つという

選択肢もアリです。

 

 

 

当時の書類が入手できれば、

その中に含まれている当時の

書類を使って、初診日を

申告できるからです。

っていうか、ほぼ

それしかない。

 

 

 

そしてこのことは、

探してくださっている

役所のスタッフさんも、

十分わかってます。

 

 

 

 

 

だからこそ丹念に

検索するため、時間は

それなりにかかるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで。

 

 

 

 

 

障害年金お手続情報は

ぜひ弊所まで。ニコニコ

 

 

 

 

障害年金

ご相談ホットライン

0852-67-6576

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

またお目にかかりましょうバイバイ

 

 

お手続メール講座はこちら

 

 

障害年金手続の情報源はこちら

 

 

 

 

 

お手続を解説した

ガイドブックとメール

無料講座はこちら

↓ ↓ ↓

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。

 

 

 

 

 

士業・コンサル業の先生向け

コンテンツはこちら

↓ ↓ ↓

〜 不滅の商魂理念から

最新ウェブマーケティングまで 〜