それであなたの●●が全て決まるワケじゃないので | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

 

 

おはようございます!

 

 

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

本日の記事、No1,620です。

 

 

 

 

↓  ここから本文  ↓

 

 

 

 

お客様との手続相談って、

そのまま人生相談に繋がる

ことが少なくありません。

 

 

 

身体のこと、

自分や家族の将来、

職業生活、お金など、

テーマはお客様

それぞれです。

 

 

抱えておられるものが

違いますんで。

 

 

また、面と向かっての

ご相談もあれば、メールの

ラリーだったり電話のみ

であったりと、シーンも

様々です。

 

 

私は男ですが、

女性の方のお悩みに

男性の立場から応じる

こともあります。

 

 

 

 

 

で。

 

 

 

様々なお悩みに共通した

お答えをお返しすることが

あるので、今日はそれを

ここにも残します。

 

 

 

それは

 

 

障害の有無が

その人の価値の

全てを決める

ワケじゃないと

思いますヨ

 

 

と、いうものです。

 

 


 

社会では様々な人が

持論を表明しています。

 

 

やれ社会の役に立つ

的な立場がどうとか、

タックスイーターがどうとか、

差別と区別がなんとか

かんとかと。

 

 

でも、テンションアゲアゲで

散々周囲をディスった人が、

さて翌日にはどういう立場に

なりえるかは、誰にも

わからんのです。

 

 

 

ある一定時点の状態が

社会的に固定されるワケ

ではないということ。

 

 

 

皆さん真面目なので

そういうのに触れ過ぎて

考えすぎ

とも思いますヨ。

 

 

 

 

最後に私個人のことですが。

 

 

 

 

私は五体満足で

そう大きな病気もなく

人生の折り返し年齢に

達しています。

 

 

側から見ればそこそこ

仕事もうまくいっており

まーなんとかなってます。

 

 

 

が、

 

 

 

口は悪いです。

性格も変わってます。

自重できるようになり

ましたが、前は怒ると

手に負えません

でした。

 

 

 

人の価値を測る

物差しに“精神の成熟さ”

があれば、私よりも

お客様の方が上です。

 

 

 

 

いちおう...

仕事はバッチリですニコニコ

お任せください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

障害年金お手続情報は

ぜひ弊所まで。ニコニコ

 

 

 

 

障害年金

ご相談ホットライン

0852-67-6576

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

またお目にかかりましょうバイバイ

 

 

お手続メール講座はこちら

 

 

障害年金手続の情報源はこちら

 

 

 

 

 

お手続を解説した

ガイドブックとメール

無料講座はこちら

↓ ↓ ↓

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。

 

 

 

 

 

士業・コンサル業の先生向け

コンテンツはこちら

↓ ↓ ↓

〜 不滅の商魂理念から

最新ウェブマーケティングまで 〜