法律を守るだけでは足りません | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

 

 

おはようございます!

 

 

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

本日の記事、No1,619です。

 

 

 

 

↓  ここから本文  ↓

 

 

 

 

手続サポートご利用を

検討中のお客様から

寄せられるご質問に

お答えします。

 

 

 

前回は、手続実行後に

請求書類のコピーの提供が

受けられるかについて

お答えしました。

 

 

 

YESであることと

その背景はこちらで

お確かめくださいませ。

↓ ↓ ↓

 

 

 

本日は。

 

 

 

 

【ご質問】

認定されたあとの

更新の相談はできますか?

 

 

 

(詳細)

数年おきに診断書を提出する

更新について、未知のことだから

不安なのだけど、依頼が終わった

後でも相談できるのか?

ー と、いうものです。

 

 

 

【お答え】

喜んでお手伝いいたしますニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

〜以下サポート詳細〜

 

 

更新に関するサポートは

次のようなものです。

 

○まず、年金証書が届いて

認定されたことがわかったら、

これから何が届くのかとか、

いつ最初の振込がある見込みか

についてのご案内をいたします。

その中に、更新の流れについて

も書き添えています。

 

 

○更新のご案内は具体的に

どのようなものかというと、

 

・更新とは何か

・初めての更新はいつか

・いつ頃どんな書類が届くのか

・いつ頃何をすればいいか

・どうやって提出するのか

・どんなことに気をつけるか など

 

これらをプリントでお渡し

してご説明するというものです。

 

 

 

○初回更新の診断書点検は無料です。

 

 

 

 

 

 

で、

 

 

 

 

 

タイトルにある

=======

法律を守るだけ

では足りません

=======

とは何のこっっちゃかと

いえば。

 

 

 

弊所では、請求手続が

認定されたお客様の記録に

ついては、5年間保存する

独自ルールをとっています。

 

 

 

実は、社会保険労務士の義務を

定めた法律では、記録保存義務が

2年間課せられています。

 

 

 

したがってこの間は、

お客様の記録を処分することは

できません。法律違反に

なるから。役所が検査に来た

時に、依頼原簿と記録残数が

一致しないとダメです。

 

 

 

手続が真正であったことを

後で検証できるよう、お客様も

社労士側も、何の誤りもない

証跡になるからです。

 

 

やましいことなど何も

なければ、記録を残して

おくだけでいいワケなんで。

 

 

 

保存の範囲というと、実際に

請求に使用した書類の控えだけ

でなく、お客様との契約書類とか

コミニュケーションの記録など

全部です。この条件・ルールは

全国一律です。

 

 

 

このため、法律で定める

期間内は、メールやLINEでの

やりとりも時系列でファイルし、

どのようなやりとりがあったか

辿れるようにしておく

必要があります。

(ウチはそう解釈しています)

 

 

 

 

 

その2年保存義務を超える

5年間保存独自ルールは、

初回更新サポートのためです。

 

 

 

 

 

前にご案内したとおり

手続書類のコピーは手続

実行後にお渡ししています。

この中には診断書を含みます。

 

 

 

したがって、認定の時の

診断書と更新の時の診断書が

どう変化しているのかとか、

逆に変わっていないのかを

お確かめいただくことは、

できるようにしています。

 

 

 

 

が、

 

 

 

 

更新は1〜5年後の時期に

到来するため、初回更新までの

生活変化でこれらのプリントを

紛失されることもありえる。

 

 

 

お引越しの荷物整理とか、

重要書類をまとめて整理される

とか、そういうタイミングです。

人間色々ありますから。

 

 

 

 

そうなると。

 

 

 

 

認定を受けた時の診断書と

どう実用性評価が変わったのか、

お客様だけでは比較する

ことができません。

 

 

 

それでお困りになれば、弊所に

お尋ねください。当時の診断書の

コピーを提供いたします。

 

 

診断書の点検は無料で

行なっていますが、予備的に

そういうご用意をしている

というものです。

 

 

 

 

そしてその書類保存期間が

法律を守る2年間だけだと、

3〜5年後の更新のご相談に

応じることができません。

 

 

 

 

このため5年間保存しています。

 

 

期間経過後は専門の業者さんに

お願いして定期的に溶解処分

することにしています。

 

 

 

これらは、お取引のあった

お客様には契約書でもお示し

している内容です。

 

 

 

 

それと。

 

 

 

 

一部事務所では

依頼後のそれらの情報開示に

ついて手数料が必要になる

ところもあるようですが、

弊所は無料です。

 

 

 

 

 

 

 

 

支援者を選ぶ際の

参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで。

 

 

 

 

 

障害年金お手続情報は

ぜひ弊所まで。ニコニコ

 

 

 

 

障害年金

ご相談ホットライン

0852-67-6576

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

またお目にかかりましょうバイバイ

 

 

お手続メール講座はこちら

 

 

障害年金手続の情報源はこちら

 

 

 

 

 

お手続を解説した

ガイドブックとメール

無料講座はこちら

↓ ↓ ↓

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。

 

 

 

 

 

士業・コンサル業の先生向け

コンテンツはこちら

↓ ↓ ↓

〜 不滅の商魂理念から

最新ウェブマーケティングまで 〜