こういう場合の手続は、「新規」?「改定」? どっち? | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

 

 

おはようございます!

 

 

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

本日の記事、No1,616です。

 

 

 

 

↓  ここから本文  ↓

 

 

 

 

手続に関する情報です。

 

 

 

具体的には、既に

障害年金を受給している

疾患と原因と初診日が同じで、

異なる部位にかかる

請求を行う場合。

 

 

 

代表的なのは、糖尿病由来で

眼を悪くされ、現在は障害厚生

3級を受給されている。

 

 

今般、人工透析療法を開始

あるいは足の切断手術を受ける

ことになったので、その後は

2級認定を求めたい。

 

 

 

 

というケースがあります。

 

 

 

 

結論からすると、

このようなケースは、

「額改定請求」

を行います。

 

 

 

やや手間のかかる

“新規裁定請求”ではなく

“額改定請求”で済む理由は、

原因と初診日が

同じだから。

 

 

 

まず額改定請求とは何か。

 

 

 

障害の程度が重くなった

時に行える増額請求のこと。

3級を2級に、2級を1級に

してほしいというもの。

 

 

状態が悪くなれば生活や

就労の実用性がその分低下し、

それまでの生活や仕事と

同じレベルのことが

難しくなります。

 

 

 

その時の生活保障を

図る制度が額改定です。

 

 

 

そして額改定請求は、

原因と初診日が同じなら、

身体の別の部位の障害にも

適用されます。

 

 

なので、初診日証明書を

取り寄せたり、申立書を

一から作る必要は

ありません。

 

 

 

 

実務的には、

請求可能な時期

が決まっています。

 

 

具体的には、

権利を得た日または、

診査を受けた日から1年

経過する必要がある。

 

 

“年金”というだけあって

向こう一年の身体の見通しを

踏まえて等級が決まって

います。このため一年は

待機が必要。

 

 

 

ただし。

 

 

 

国が定める一定の状態に

該当した場合には、待機なく

請求することもできます。

 

 

限定列挙されているので

こちらでお確かめください。

(リンクも貼ってます)

↓ ↓ ↓

 

 

 

先の糖尿病の例をなぞると。

 

 

 

足の切断手術の場合は、

一年待機する必要はありません。

すぐに請求できます。

 

 

人工透析療法では、

透析が3ヶ月継続したら

その時点で一年経過してなく

ても請求できる。

 

 

 

このように、条件により

扱いがちょっと違います。

 

 

 

それと。

 

 

 

額改定請求は、診査で

等級引き上げが認められたら、

請求実行の翌月分から

増額されます。端的には、

重い状態に該当しているなら

手続は早い方がいい。

 

 

また額改定請求は、

原則的に65歳以降行うこと

はできません。ご自身がかけた

老齢年金が、満額支給される

年齢だからです。

 

 

 

このように、手続可能な

タイミングや年齢制限がある

ので、検討されている方は

よくお確かめになられて

ください。

 

 

 

 

 

請求に使用するのは

「額改定請求書」と

「診断書」です。

揃えたり書いたりするのは、

当事者の方やお身内の方でも

そう難しくないと見込みます。

 

 

 

役所や医療機関との

すり合わせ・コミニュケーション

にご懸念があれば、早めに

ご相談くださいませ。

 

 

 

 

参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで。

 

 

 

 

 

障害年金お手続情報は

ぜひ弊所まで。ニコニコ

 

 

 

 

障害年金

ご相談ホットライン

0852-67-6576

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

またお目にかかりましょうバイバイ

 

 

お手続メール講座はこちら

 

 

障害年金手続の情報源はこちら

 

 

 

 

 

お手続を解説した

ガイドブックとメール

無料講座はこちら

↓ ↓ ↓

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。

 

 

 

 

 

士業・コンサル業の先生向け

コンテンツはこちら

↓ ↓ ↓

〜 不滅の商魂理念から

最新ウェブマーケティングまで 〜