障害年金受給者はローンを組めるか | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

 

 

おはようございます!

 

 

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

本日の記事、No1,558です。

 

 

 

 

 

↓  ここから本文  ↓

 

 

 

 

 

若年のお客様の場合、

障害年金受給決定の流れ

から家計相談に繋がる

ケースがとても多いです。

 

 

とりわけ「住宅ローンを

組めるか。組めるなら、

買いたい物件がある」

というのが最多です。
 

 

 

 

で、

 

 

 

組める・組めないの

結論的には、

「ケースによります」

というほかありません。

 

 

 

組める場合もあれば

組めない場合もあり、

その理由は様々。

 

 

 

例えば。

 

 

 

障害年金が永久認定されて

いても組めない場合もあれば、

2年間後に更新を控えていても

組める場合もあります。

 

 

 

それは、障害年金受給以外の

理由が与信に作用するからです。

でもその具体的理由を

金融機関は明らかにしません。

 

 

まあ組めない場合は、

身に覚えがあるケースが

大半ですけど。

 

 


 

加えて書き添えますと、

「借りられる額」と

「返済できる額」は

意味が全然違うという点は、

強くシビアに指摘しています。

 

 

 

文字通り、前者は

金融機関からして

「この人はこのくらいOK」

であり、後者は貸付を

受ける人が

「この金額でこの利息なら

このくらいの年数でイケそうだ」

というもの。

 

 

 

 

コレは、意味が全然違います。

でも、混同している人はいます。

 

 

 

 

しかも、

ファイナンシャルプランナー的に

(この人混同してるかも)と

察知する共通点もある。
 

 

 

 

その共通点とは、

「ボーナス払い併用返済」を

前提にしていること。
 

 

 

 

月々の収支でやりくりが

難しげな買い物をしようと

している時点で、無理が

生じています。

 

 

 

言葉を変えれば

(返せない可能性があるかも)

と潜在的に認識している

といえるかもと。

 

 

月例給与は規則的入金の

ものですが、ボーナスは、

事情によっては額の減少や

支払いそのものがない、

という性格もあります。

 

 

 

それをアテにして良いか?

ということです。

 

 

 

 

せっかくの特別な買い物なので、

認識間違いなきようなさって

いただきたい。
 

 

 

障害年金の受給が決まって

余裕を感じるのは当然。生活の

ゆとりを保つための仕組みですし。

 

 

 

だけど、太っ腹になるのは

違いますよ、ということをやや

強めの言葉でお伝えすることも

あります。

 

 

 

指摘を受けたら面白くない

話ではあります。だけど、

ローンで大変な目にあう人が

将来どうなるか知ってるから

強めに言っとるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

またお目にかかりましょうバイバイ

 

 

お手続メール講座はこちら

 

 

障害年金手続の情報源はこちら

 

 

 

 

 

お手続を解説した

ガイドブックとメール

無料講座はこちら

↓ ↓ ↓

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。

 

 

 

 

 

士業・コンサル業の先生向け

コンテンツはこちら

↓ ↓ ↓

〜 不滅の商魂理念から

最新ウェブマーケティングまで 〜