見方次第ですよ | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています
新型コロナウイルスに関する情報について

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

弊所の新しいコンテンツはこちら

↓ ↓ ↓

 

 

 

おはようございます!

 

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

本日のブログ、No1,303です。

 

 

 

 

仕事とは無関係の

話なのですが。もしよければ。

 

 

 

クッソつまんねーなー

なんで自分はこんなことに

なってんだろう!

 

 

 

って思えることでも、

見方を変えさえすれば、

ささやかな楽しみが

芽生えるんじゃないかと

私は思ってます。

 

 

 

 

つまらんつまらんとは

言うものの、それって結局

自分が自分でつまらなく

していることもある

はずなので。

 

 

 

 

自分のことしか

考えていないせいで、

目の前の物事のごく一面しか

見ていないことがわかれば、

態度をあらたることも

できるだろうし。

 

 

 

 

その少しの工夫で

楽しい時間が増えるなら、

そうした方がいいだろう。

ストレスもない。

 

 

 

 

例えば。

 

 

 

 

会話が弾んでないな〜と

思ったら、受け答えが一方的に

なってるかもしれない。

盛り上がりのために一歩

引いてみるとか。

 

 

 

仕事や勉強が難しいな〜

めんどくせーなー!と思ったら、

それはそのように自分が

ただ思い込んでいるだけ

かもしれない。

 

 

 

 

 

 

っていう話を

先週末、事務所で

子守する時に長男と次男に

言うて聞かせました。

 

 

 

 

 

 

ゲームばっかでどうせ

聞いてませんけどね。

 

 

 

 

いちおう宿題らしき

ものは持ってきてますが、

カッコだけ。

 

 

 

 

だいたいに、

勉強しろっつって

無理にさせたところで

身につくもんか。

 

 

 

 

こっちもそんなの

言いたくない。

 

 

 

 

なので私はこの際、

(そのうちわかるだろう!)

と思うように、見方を

変えました。

 

 

 

 

端的には放置です。

 

 

 

 

放っといて勉強が

難しくなって焦ったら、

そのうち嫌でもわかる。

 

 

 

 

これくらいが

親もラクでいいっす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

 

 

また明日お目にかかりましょうバイバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ご案内】
 

社会保険労務士への

障害年金の御相談はこちらから↓

 

 

障害年金の手続を解説した

ガイドブックとメール講座を

無料でお届けしています

 

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。