大きな悩み | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

 

おはようございます!

 

 

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

 

本日のブログ、No1,252です。

 

 

 

最近注目のコンテンツはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

 

 


先日、

ビジネス仲間との忘年会で

激辛料理

をつついていた時のこと。

 

 

 

↑ シャレにならん

辛さだったヤツ。


 

 

メンバーの一人が
こんなことを言いました。


 

 

 

ひとつ大きな

悩みを抱えて

いるくらいが
ちょうどいい




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやいやそこのチミ、

悩みなんか小さくて数も

少ない方がいいだろう...

 

 

 

 

ふつうそういう

もんじゃないのか?

 

 

 

 

 

コイツ実はM?

 

 

 

 

 

私は、悩みは

小さければ小さいほど、

また、数も極力少ない方が

精神的に安定するはずだ

と考えています。

 

それに、お困りごと解決を

ビジネスにもしている。

 

だから意味を問い質しました。



「ソレどういう意味?」と。



するとこの言葉は、
既に引退した尊敬すべき
有名人が語った言葉なのだ、
と前置きした上で、


 

 

大きな悩みが

あれば、日常の

小さな悩みは

どうでもよく

なるから

 

 

 

という理由を説明

してくれました。





 

 

 

 

 

なるほど、

それなら

一理ある。





 

 

 

 

 

なぜなら、

 

 

 

 

 

 

 

 


自分が

今まさに

そうだから

www



 

 

 

 

 

囚われていると

いうほどではないけど、

人に語ってどうにかしよう

という気にはなれない。

 

 

 

と思うレベルのこと、

誰しもひとつくらいある

んじゃないでしょうか。

 

 

 

そういうヤツです。

 

 

 

私にはあります。

 

 

 

 

だったらそれはその

ままにしておいていい。

 

ソレ以外のことはそのうち

なんとかなるだろう♪と

思えるフックにするのだ。

 

 

 

 

 

だから、同業者から

厳しくディスられようと

私は気に留めない。

 

 

役所から冷たい

言葉を浴びたりしても

私は凹まない。

 

 

 

 

その他諸々も、なるように

しかならんわい!



 

 

 

と思っていい

ということだ。

 

 

 

 

 

この考え方を教わって

から、意味も答えもない

自問自答はやめました。

時間の無駄だ。

 

 

 

それに、正しい答えが

あることを知ったところで、

この先何かが明らかに良い

方向へ向くかどうかも

わからないのだから。

 

 

 

 

だったらこれは

解決しなくていい。

 

今生が過ぎ去るまで

考えてみよう!

 

 

 

 

 

 

とまあ

 

 

 

 

 

賛否両論あると

思いますが、目下の

悩ましい気持ちを少しでも

軽くするためには、たしかに

こういう考え方もある!

 

 

 

 

というお話でしたー

 

 

 

 

とりあえず、あれも

これも全て抱えまくって

自分を追い込むことは

やめにしよう。

 

 

 

 

 








今日はこのくらいで。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

 

 

また明日お目にかかりましょうバイバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ご案内】
 

社会保険労務士への

障害年金の御相談はこちらから↓

障害年金の手続を解説した

ガイドブックとメール講座を

無料でお届けしています

 

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。