就労パスポート | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

最近注目のコンテンツはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

 

 

 

おはようございます!

 

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

 

本日のブログ、No1,226です。

 

 

 

 

 

昨日に続き、

障害のある方が規則的就労に

向けて取り組むにあたっての

情報を残します。

 

 

 

 

タイトルは

就労パスポート

としました。

 

 

 

 

 

今月中旬、厚生労働省が

新たにリリースしたツールです。

 

 

 

具体的には

=============

障害のある方が働く上での

自分の特徴やアピールポイント、

希望する配慮などについて、

支援機関と一緒に整理し、

事業主などにわかりやすく

伝えるためのツール

=============

このように

紹介されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

実際にどのような

内容をどのような様式で

整理するのかは、

直接見る

のがベストです。

 

 

 

表紙はこんな感じで

↓ ↓ ↓

※画像をクリックしたら

該当ページに飛びます

 

 

 

 

ちなみに。

 

 

 

 

障害年金を受けながら

就労されているお客様から

生活事情を伺うことの

多い私個人的には

 

使える!

 

と感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

 

 

また明日お目にかかりましょうバイバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ご案内】
 

社会保険労務士への

障害年金の御相談はこちらから↓

障害年金の手続を解説した

ガイドブックとメール講座を

無料でお届けしています

 

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。