月の満ち欠けが自然界に与える影響 | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

最近注目のコンテンツはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

 

 

 

おはようございます!

 

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

 

本日のブログ、No1,202です。

 

 

 

 

 

 

あなたはご存知でしょうか。

 

 

日常生活で意識する

ことはほとんどありませんが、

“月の満ち欠け”は、人間を含め

自然界の様々なところに

影響を与えています。

 

 

 

 

実は私は、新月と満月の

月周りを考慮したうえで

行動を決めることがあります。

 

 

 

なんとなく、自然と

一体化した感じがするから。

 

縁起も担げますし。

 

 

 

 

 

そう。昨日は「新月」でした。

 

 

 

 

月が太陽に照らされる

面が地球の影になって、月の

姿が全く見えない現象のこと。

 

 

 

 

暦の上では「朔」という

言葉で現され、自然界では

潮の満ち引きに影響があるほか、

人間の自律神経やバイオリズム

にも少なからず影響がある

とされています。

 

 

 

(最近なんだか調子が・・・)

という方は、ほっといても

満月が近づけば回復

するでしょう。

*たぶん*

 

 

 

 

 

 

 

で、話題は健康ネタではなく。

 

 

 

 

 

 

私は今回の

新月を利用して、

竹刈り

に出かけました。

 

 

 

(松原遊んでる場合か!

という理由は少し後で)

 

 

 

 

 

実は、

 

 

 

 

植物に含まれる水分量は、

満月には月の引力で地中から

吸い上げられ最大になり、

逆に新月のときはその力が

弱いので少なくなるという

性質があります。

 

 

 

 

私は常々今年中に、

「水分量少なめの竹」

手に入れたいとずっと

思ってました。

 

 

 

自宅の庭で造作に

使おうと思ったからです。

どうせなら水分量が少ない

ほうが、カビなくて

いいので。

 

 

 

 

そして山に入るなら

本格的に寒くなる今月下旬が

ラストチャンスと踏んだ。

 

 

 

でも実家を往復する

時間は取れそうにないので

近場で確保することに

したのです。

 

 

 

本当は新月当日が良いの

ですが、次男が「ついていく!」

と言うので、前日の

日曜にしました。

 

 

 

 

 

 

 

そして。

 

 

 

 

 

 

松江市内に竹林を

もつお客様に、次男と

ふたり、山へ連れてって

もらいました。

 

 

 

 

ここが現場

 

 

 

ウヒョー取り放題!

で、いいのでしょうか・・・

 

 

 

 

うん。まあでも

ノコギリでゴリゴリするのは

重労働ですし、そんなに

たくさんクルマにも

積めません。

 

 

 

必要な分だけ私が

切り倒して、小学一年の

次男にもノコギリを

握らせました。

 

 

 

 

ほんで、これだけ

いただいて帰ることに

したのです。

 

 

 

 

そして作業場所を

竹林から五分のところに

あるお客様宅の畑に移し、

 

 

 

 

 

まずはお茶を一服。

 

 

 

 

 

 

こちらのお客様は、

発達障害児専門のトレーナー

をされています。

 

 

親子カウンセリングのほか、

こちらの畑や横を流れる小川も

使い、自然と触れ合うプログラム

など様々な取り組みを

提供されている。

 

 

 

 

私の事業と親和性も

あるので、時々情報交換を

していただいています。

 

 

 

 

しかも。

 

2週間の北欧視察

から帰ったばかり

 

という疲れ気味のところを

 

無理やり

引っ張り出し

 

ました。へへへ

 

 

 

 

 

そもそも

「竹を分けて欲しい」と

連絡したのが帰国直前という

あわただしい中でした。

 

 

 

 

いかに私が

遠慮を知らないか

ということか。

 

 

 

 

でも、実に興味

深い話を、なんぞかんぞ

聞かせてくださいました。

 


 

 

ビジネス的にはこちらが

目的でした。記憶の新しい

うちに話を聞いて

みたかったし。

 

 

 

竹刈りやその後の作業より

話し込んでる時間の方が

長かった気もする・・・

 

 

 

 

 

ただ山へ遊びに行った

ものではありませんで。

 

 

 

 

 

 

いやー

 

 

 

 

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

お礼に新米を

進呈したほか、大豆を

干すためのハデ場を私と

次男とで建設しました。

 

 

 

 

こちら完成形

 

 

 

 

農家の長男にとって

これくらいは朝飯前だ。

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

 

 

持ち帰った竹を使い、

その日の夜の造作として

竹筒炊飯

を試してみました。

 

 

 

 

 

 

おおぉ。

ふっくら

炊けてる・・・

 

 

 

 

初めてやったにしては

なかなか上出来でした。

 

 

 

 

 

ガスや電気を使わ

なくても飯が炊ける!

ということが子供らに

伝わっただろうか。。。

 

 

 

 

まあええわ。自分がやって

みたかっただけだから。。。

 

 

 

 

あと七回分の

竹筒は確保してあるし。

他のメニューも試して

またやってみよう ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで。

 

 

 

 

 

 

 

10月新月の

エピソードでしたー

 

 

 

 

 

 

 

 

あ。

 

 

 

 

 

 

 

あとですね、

新月には、

「リセット」

「スタート」

という意味もあります。

 

 

 

 

何かを始めるのに

縁起が良い日とされてて、

新譜や映画の公開日に

設定されることも

あるのだとか。

 

 

 

 

私も、思考を

整理する日や新しい

何かに着手する日などに

あてています。

 

 

 

今月は、新規で

障害年金請求のご依頼を

お申込の方との御取引日

にもあてました。

 

 

 

今回は、2件

お引き受けしました。

 

 

 

月受任件数上限を

7件としておりまして、

今月は28日をもって

締め切りました。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに次の新月は

11月27日(水)、

そして今年最後が

12月26日(木)です。

 

 

 

 

 

 

これから真剣に何かを

始めようとするのに縁起を

担いでみるか!と思われたら、

もしよければ月周りも参考に

なさってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

 

 

また明日お目にかかりましょうバイバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ご案内】
 

社会保険労務士への

障害年金の御相談はこちらから↓

 

 

障害年金の手続を解説した

ガイドブックとメール講座を

無料でお届けしています

 

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。