共済組合の審査スケジュール感 | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

最近注目のコンテンツはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

 

 

 

おはようございます!

 

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

 

本日のブログ、No1,197です。

 

 

 

 

 

障害年金の初診日が

共済組合に加入中の方に

向けて書きます。

 

 

 

タイトルのとおり

「共済組合の審査スケジュール

です。

 

 

 

今日の記事で

具体的に書き残すのは、

・審査期間

・初回振込スケジュール

の2点です。

 

 

 

 

まず審査期間。

 

 

 

日本年金機構との

単純比較なのですが、

共済組合は長いです。

 

 

 

日本年金機構は

「3ヶ月以内」という

サービススタンダードを設定

していますが、ひょっとしたら

そもそもそういうものがない

のかもしれません。

(長いのがわかっているので

聞いたこともありません)

 

 

 

実務にタッチした印象では、

早くて5ヶ月

標準期間は6ヶ月

これくらいは見た方が

良いです。

 

 

 

次。初回振込スケジュール。

 

 

 

こちらも

日本年金機構との

単純比較なのですが、

共済組合は

相当早い

です。

 

 

 

日本年金機構は

標準期間として

「証書到着から概ね50日」と

いう案内しています。

 

 

 

一方共済組合は、

証書が届く封筒に同封

されている「支払通知書」に、

初回振込日も印字されて

届きます。

 

 

 

こちらは共済組合からの

情報なのですが、証書を発行する

のと並行して銀行と話をつけ、

初回振込日を決定しつつ

証書を発送するのだと。

 

 

 

 

 

その分が審査期間に

加わるのかもしれません。

 

 

 

 

 

結果、早ければ、証書が

届いたその週に着金します。

 

 

 

 

 

共済組合の審査を

決定を待っている方、

あるいはこれから請求される方、

参考になさってください。

 

 

 

 

 

 

あ。

 

 

 

 

 

 

日本年金機構さんの

「証書到着から概ね50日」に

ついては、解説動画も

作成しています。

 

お確かめになりたい方は

こちらからご覧いただけます

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

(音が出ます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

 

 

また明日お目にかかりましょうバイバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ご案内】
 

社会保険労務士への

障害年金の御相談はこちらから↓

 

 

障害年金の手続を解説した

ガイドブックとメール講座を

無料でお届けしています

 

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。