【内省】すっかり油断していました | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

最近注目のコンテンツはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

 

 

 

おはようございます!

 

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

 

本日のブログ、No1,196です。

 

 

 

 

 

今日は自身の

恥を晒す

話です。


 

油断してタイヘンな

目に遭いました。いや、

実はまだその途中。

 

 

 

徐々に解消しているけど、

まだ完全ではありません。

 

 

 

ここに書くような

話なのか迷いましたが、

他の人も同じようなピンチに

遭遇して欲しくないので

あえて書くことに

しました。

 

 

 


初めに異変に

気付いたのは今月上旬。

 

 

 

 

(何かヘンだなー)

 

(こんなはずだったっけー)

 

 

 

 

かすかにこう思いました。

 

 

 

でも、忙しさや他のことに

気を取られたせいか、すっかり

意識から外れました。

 

 

 

今振り返ると、

こう思った時にちゃんと

それなりの手を打っておけば、

今こんなことになって

いないと思う。

 

 

 

そして、取り返しが

つかない状況に陥る段階で

やっと事態の重さに

気づきました。

 

 

 

 

 

 

体温が、

38度を

超えた。

 

 

 

 

 

 

そう。社労士松原四十二歳。

こんないい歳をして、風邪を

こじらせてしまいました。

 

 

 

 

 

やっちゃいました。

 

 

 

 

 

 

最初の異変は、咽喉の

奥のイガイガ感でした。

 

 

昨年11月私は、

扁桃腺を取る手術を

受けています。

 

 

耳鼻科のドクターから

 

「今後は風邪をひきやすく

なるかもしれない。予防に

気をつけるように!」

 

こういう注意点は

告げられていた。

 

 

 

しばらくはその言いつけを

守ってました。マスクで完全

防備して過ごしたので、直後の

冬は風邪を引かずに済んだ。

 

 

 

そして季節の変わり目の春、

風邪を引くのはバ*だけと

言われる夏も過ぎた。

 

 

 

そして遂に、慣れた

せいで油断したせいか、

秋に風邪をこじらせる羽目に

なってしまいました。

 

 

 

自分で防げるもの、

タイヘンな目に遭わなくて

済む最たるものが

“風邪”

であります。

 

 

 

 

「風邪引くやつはクビ!」

っていう方針を持っている

社長もいるくらいです。

 

 

自己管理していれば

自分の時間を無駄にせずに

済むのになぜそれができないの?

周りにうつしたらどう責任

取るおつもりか?

 

 

 

こういうことです。

(ホントにクビにはしませんが)

 

 

 

 

 

反省しかありません。

 

 

 

 

あ。でも仕事は一切止めて

いません。お客様はどうぞ

ご安心ください。

 

 

 

 

 

そしてこの

「油断して時間を無駄にする」

っていうのは、障害年金の

手続も全く同じ!

 

 

 

 

(何かヘンだなー)

 

(こんなはずだったっけー)

 

 

 

 

っていうのは、

ストップのサインです。

 

 

私はここで止まらなかった。

 

 

自分が認識している

何かが正しいという前提で、

それと逸れた状況が起きている

ということは、気付いた時点で

まだ取り返しがつく。

 

 

 

私のように、風邪を

こじらせておかしなことに

ならないよう、どうか

お気をつけください。

 

 

 

 

 

 

あ。

 

 

 

 

 

結局どうやって

治しているかなのですが、

私は風邪では病院へ

行きません。

 

 

 

 

食べる、休むが基本です。

 

 

 

 

でも休めないので、

ネギ、生姜、にんにくを

含んだ辛いものを口に

して治す作戦です♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

 

 

また明日お目にかかりましょうバイバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ご案内】
 

社会保険労務士への

障害年金の御相談はこちらから↓

 

 

障害年金の手続を解説した

ガイドブックとメール講座を

無料でお届けしています

 

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。