ラグビーW杯、これのどこが日本チームだ | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

最近注目のコンテンツはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓


 

 

 

 

おはようございます!

 

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

 

本日のブログ、No1,195です。

 

 

 

 

 

ラグビーワールドカップ、

日本の闘いが終わりました。

 

 

 

 

 

大会が始まる前は、

メンバーの顔ぶれをみて

「これのどこが日本チームだ」

とか「相手は世界だよ?」

と、好意的関心は決して

高くなかったように

思います。

 

 

 

それが思いのほか

勝ち続けるもんだから

にわかファン

があれよあれよと増え

ました。まあ、私もその

ひとりなのですが。

 

 

他のスポーツでは見かける

ことのない、テレビ中継の際の

字幕によるルール紹介

 

 

実際そうしてもらわないと、

(何で今プレーが止まったの?)

と、ワケがわからないまま

見る人が多かったんじゃない

でしょうか。

 

 

繰り返しますが、私も

そのひとりです。

 

 

 

 

で、昨晩の南アフリカ戦。

かじりついて観戦しました。

 

 

 

世界に挑む!

ってやっぱり偉大。

応援したくなりました。

 

 

 

レベルの差を見せつけ

られた試合という感じで

したが、よく闘われたと

思います。

 

 

 

ここ最近自然災害が

続いて、なんとなく国の

ムードが凹んでいるとき

でしたし。スポーツ活躍の

話題で、勇気と感動を

もらいました。

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

あと、敗北を経験する

ということは、勝つために

今何が足りていないかを

知る機会にもなった

と言えるはず。

 

 

別にマウントかまして

いるワケではありません。

 

 

これってスポーツに限らず、

日常的に取り組んでいる何かや

仕事の技術でも全く同じことが

言えると思うので。

私もそうですから。

 

 

 

同じことをするなら、

次は前よりうまくやる

 

 

 

そうやって社労士も

手続の技術を上げて

います。

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

 

 

また明日お目にかかりましょうバイバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ご案内】
 

社会保険労務士への

障害年金の御相談はこちらから↓

 

 

障害年金の手続を解説した

ガイドブックとメール講座を

無料でお届けしています

 

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。