【解決障害年金】傷病手当金と障害年金の受取時期が重複した場合の精算の扱い | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

 

お は よ う 

ご ざ い ま す !

 

 

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

 

 

 

 

制度・手続の動画解説を

お届けします。

 

 

 

 

本文 ↓

 

 

 

障害厚生年金の
請求が認定されたとして、

遡って認定された場合、

先に受取済みの傷病手当金を
返さないといけない

場合がある。

 

このような仕組みがある
ことをご存知でしょうか。


障害年金と傷病手当金は
別個の制度ではあるものの、
”所得保障”という趣旨が

同じです。

なので、同じ期間に

それぞれから満額を

受け取れる仕組みには

なっていません。

 

したがって、重複期間に

ついて所定の計算式を経た

額の返還を求められる

場合があります。



今回の動画は、この
システムのそもそもの

考え方と返金手続の流れに

ついて語ったものです。



 

参考になれば幸いです。

 

 

 

 

ではどうぞ

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

 

 

また明日お目にかかりましょうバイバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ご案内】
 

社会保険労務士への

障害年金の御相談はこちらから↓

 

 

障害年金の手続を解説した

ガイドブックとメール講座を

無料でお届けしています

 

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。