ヘルニアでした。 | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

 

 

お は よ う 

ご ざ い ま す !

 

 

 

あなたの障害年金

いつから、いくら、どうやって?

をお手伝いしている、

社会保険労務士の松原です。

 

*画像はネットから拝借

 

 

 

昨日午前、先週から私を

悩ませている右足の違和感の

原因特定と治療を求めて、

松江市内の総合病院を

紹介受診しました。

 

 

 

 

 

結果、椎間板ヘルニアでした。

 

 

 

 

 

椎間板ヘルニアとは、

背骨と背骨の間にあるゲル状の

クッション部分が本来あるべき

場所からはみ出してしまい、

それが神経に触れて痺れや

動かしにくさなどの症状が

現れる状態です。

 

 

 

 

その「はみ出し」が、

MRI画像にはっきり映って

いました。

 

 

 

ほらココだよーと画面を

見ながら教わったのですが、

私のような医療の心得が少ない

者が見ても、はっきりそれと

わかりましたけん。

 

 

 

小指の爪の半分くらいの

サイズのはみ出しがくっきり

見えたのです。

 

 

 

 

 

 

私:(やっぱヘルニアか・・・)

 

 

 

 

 

もうね、凹みました。

紹介された市内のクリニックから、

手術の説明を受けていたし。。。

 

 

 

週末は、この前提で仕事の

予定の組み直しを、本気で

考えてもいました。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なのですが。

 

 

 

 

 

 

 

ドクターからは

手術しない方がいい

と告げられました。

 

 

 

 

 

 

どういうこと

だったかというと、

=============

 

はみ出したゲル状の物質は、

このまま放っておいても勝手

に溶けてなくなる状態にまで

はみ出しているし、神経にそ

う大きく作用していない場所

にある。だから、手術しなく

てよろしい。というか、この

まま様子見ってことにして何

もしない方がいい。

 

=============

こういうことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

ということは、

治療もない

 

 

 

 

 

 

「お大事に。お疲れさん!」

と、見送られましたに。

 

 

 

 

 

 

ただ、こういう状態は、

ヘルニア患者さんの中では

そう多くないパターンのような

説明でもありました。

 

 

 

 

 

 

 

悪運の強さに恐れいったわ。

自分が。

 

 

 

 

 

 

結局のところ、

 

 

 

 

 

 

 

今後数週間から数ヶ月、

どのくらい時間がかかるかは

わからないけど、そのうち勝手に

溶けてしまうから、それで

神経に触れることもなくなる。

 

  

 

ただ、それまでの間は

痺れや動かしにくさを感じる

のは仕方ない。そういう

もんだから。

 

 

 

それに、はみ出した

ゲル状物質が再生することは

ないので、これから先の人生は、

量が減った状態で骨を支える

ことになる。

 

 

 

だけど、しばらくでいいから

腰に負担のかかる作業をなるべく

避けていれば、直ちに心配する

状態でもないのだと。

 

 

 

痺れや動かしにくさが

なくなるまで、おとなしく

過ごしなよー

 

 

 

 

 

 

ってことでした。

 

 

 

 

 

ムムム。大人しく

過ごせるだろうか・・・

 

 

 

 

見方を変えればだ、

今の私の腰の状態は、

時限爆弾を抱えている

ようなもんだって

ことも言えるらしい。。

 

 

 

 

 

 

 

しばらく自重しませんとね。。

 

 

 

 

 

 

 

ということで。

 

 


 

 

 

日常で変わった

出来事があると黙って

いられない性格のせいで、

先週末から余分な御懸念を

響かせてしまった方には

大変失礼いたしました。

 

 

 

 

 

 

特にビジネス部の

みなさん、ありがとう!

 

 

 

 

 

 

松原、手術はいたしません。

 

 

 

よく効く薬が出ているのですが、

軽い吐き気のあと眠気が

襲ってきます。

 

 

 

なもので、ボールペンを

手の平にプチプチ刺しながら

キーボード打ってます。

 

 

飲まない方がいいかもな。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、個人的にコレも

書き残しておきたい。

 

 

 

 

 

 

 

ドクターが激務って

ことが、今回あらためて

よくわかりました。

 

 

 

 

 

 

朝9時から私の診察が

終わった午後3時過ぎまで、

ずーーーっと絶え間なく

外来患者さんを診て

おられました。

 

 

 

たぶん、お昼も抜きだ。

 

 

 

 

実は私、MRI検査を

受ける前の最初の診察の時、

事情というか要望を

伝えました。

 

 

 

具体的には、

 

・自営業だから時間に融通は

効くけど、週に何回も通うの

やっぱ避けたい。

 

・天気次第だけど、週末には

稲刈りの予定がある。稼ぎに

なるから外せない。

 

・早くはっきり診断を受けて

治療が必要ならソレ受けたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、

 

 

 

 

 

 

 

 

「めんどさい患者だなー」

思われたかもしれません。

だって、何も聞いてない

のに自分から言うから。

 

 

治療に関係あるかないか

わからんことを先に言わ

れてもな!

 

 

ってことだった

かもしれません。

 

 

 

 

 

 

だけど。

 

 

 

 

 

 

 

希望を汲んでくださって、

急遽、予定外の検査を無理

言うてその場で組んで

くださいました。

 

 

 

 

 

そして私の検査結果が

当日にわかり、今後どうすれば

いいかも決まった。

 

 

 

 

 

私が帰った後は

紹介元のクリニックへの

返答書も作成されるでしょうし、

私以外にも患者さんはまだ

大勢お待ちだった。

 

 

受け持ちの入院患者さんも

おられるでしょうし、書類の

作成だってたくさんある。

 

 

そこそこのポストであれば、

会議、決裁、学会とか、予定は

目白押しに違いない。

 

 

 

間違いなく、我々が知りえない

ご苦労があるはずだ。

 

 

 

 

そんな中で、私と同じように

自分の都合を述べる人も、

やっぱいたはずです。

スミマセ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当にありがとうございました。

 

 


     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

最後まで読み進めてくださって、

ありがとうございます!!

 

 

また明日お目にかかりましょうバイバイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ご案内】
 

社会保険労務士への

障害年金の御相談はこちらから↓

 

 

障害年金の手続を解説した

ガイドブックとメール講座を

無料でお届けしています

 

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を渋る理由と対処法
・病歴就労状況等申立書は○○○のおまけ?
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・働いていても受け取れるってホント?など

 

これらの疑問を解消したい!という方に

おススメします。メルアドの入力だけで

すぐにご覧いただけます。