社会保険労務士としてこういうシーンに感激します | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

 

 

お は よ う ご ざ い ま す !

 

 

お客様とお客様にとって大切な人の

暮らしを支えるお手伝いをしている

松江市の社会保険労務士、松原です。

 

 

 

↑ 世間はお盆ですねー

 

 

 

 

 

ご依頼いただいた障害年金の

御手続がフィニッシュした数年後、

ご依頼者様からお電話を頂戴

することがあります。

 

 

 

内容は様々です。

 

 

 

たとえば。

 

更新を手伝って欲しいとか、

家族構成が変更したので必要な

手続を手配したいとか。

 

また、闘病仲間の

手続相談に乗ってほしいと

いったご縁つなぎの場合も

少なくありません。

 

 

 

 

(覚えててくださってありがたい〜)

 

 

 

 

ニコニコ

 

 

 

 

と、お互いの近況をしばし

語り合うこともあって、話が盛り

上がると私も嬉しくなります。

 

 

 

 

 

しかし。

 

 

 

 

 

時たまですが、

「役所からこんな風に言われたんだけど

オタクに頼んだ手続に問題はなかったの?」

というご質問を受けることも、

ないわけではありません。

 

 

まずこの点について

お断りしておくのですが、

問題を残したケースはこれまで

ひとつもありません。

 

 

 

 

 

 

で、

 

 

 

 

 

 

役所にこんな風に言われた、

というその具体的内容なのですが、

 

 

 

 

役所の人の説明が

そもそも誤り

であること、

 

 

また、

 

 

役所の人自ら「自分詳しくない

けどホントはこうじゃないの?」と、

曖昧な内容を真実めいて

説明されているケース

 

 

 

 

実はこれらが少なくありません。

 

 

 

 

前者は必要な情報が

全て揃っていない場合には

起こり得ます。

 

なので責めることは

控えたいなのですが。

 

 

 

後者は

どうなんでしょう。。。

 

 

 

 

本人のために良かれと

思って述べておられると

信じて、まあいいわいって

ことにします。

 

 

 

 

 

(振り回される時間を損する分

ほんとは良くないかもだけど)

 

 

 

 

 

いずれにしても電話口で

話を聞く限りそうと明らかな

場合は、

 

「役所がした説明はあなたにはあてはまら

ないので、スルーして差し支えありません」

 

とお答えして完了です。

 

 

 

 

当時実行した手続の内容と

スルーして差し支えない理由を

説明して納得されれば、それ以上

することはありません。

 

 

 

担当者さんからも

「自分詳しくない」と告げられて

もいるので、いついつまでに返事を

してくださいと求められる

ケースも皆無です。

 

 

 

 

 

だから、放っておいて問題ありません。

 

 

 

 

 

私たちはこう捉えています。

 

 

 

 

 

また、

 

 

 

 

お客様が、

(社会保険労務士に頼んだのだから

間違いがあるはずがない)と思って

おられる場合は、役所で何か言われても

「そんなはずはない」

と、その場で言い返される

こともあると聞きます。

 

 

 

 

 

その上で、

 

 

 

 

「役所がこんな風に言ってきたけど

あなたに間違いはないと思うからそう

言い返しといた。これで良かった?」

 

 

 

 

と、確認のための後日談として

連絡をいただくこともあります。

 

 

 

 

 

 

 

これにはマジ感激します。

えーん

 

 

 

信じて託してくださって

いたのだ!と、あらためて

感じるからです。

 

 

 

 

 

 

 

実は先週もそういうことが

あったんですわい。

おねがい

 

 

 

 

 

 

 

 

これからも頑張ろー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

最後まで読み進めてくださって、

本当にありがとうございます!!

 

 

また明日お目にかかりましょうバイバイ

 

 

 

 

 

 

【御案内】

障害年金の制度と手続を解説した

ガイドブック無料でお配りしています!

【主なコンテンツ】
・公的年金は「○○○○の金融商品」
・障害年金は一体誰に聞くのがいいのか
・ネットに掲載されている情報の限界とは
・初めて役所に行く時準備しておくこと
・障害年金は、いくら受け取れるのか
・私の初診日は一体いつなのか
・障害状態の審査は病名ではなく「病○」
・いつから手続を始めたらいいのか
・どんな順番で手続を進めたらいいのか
・どんな書類を書いて持っていくのか
・ドクターが診断書を書かない3つの理由とその対処
・病歴就労状況等申立書は、○○○のおまけ?!
・手続は社労士を頼らなくてもできる
・書類を役所に提出したあとにすること
・「働いていても受け取れる」ってホント?など

 

【ダウンロードをおススメする方】
・なぜ制度がわかりにくいのか
・なぜ書類がたくさん必要なのか
・なぜ手続が複雑なのか
・病院へはどんなふうに書類を頼めばいいのか
・どうすれば障害年金を受け取れるようになるのか

 

これらの疑問を解消したいと

お考えの方におススメいたします。

 

メールアドレスを入力するだけで

すぐにご覧いただくことができます。

また同時に障害年金手続メール講座へも

エントリーします。

 

こちらからご覧くださいませ