おい!ワシをバカにしてるダロウ! | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

人に言えないお金の悩み、

障害年金なら私たちにお任せください。

制度・手続の情報源と言えば当事務所

        
        
        
        

お は よ う ご ざ い ま す!

        
        

ブログを開いてくださって、

ありがとうございます。

松江市の社会保険労務士、松原です。

 

 

 

私自身は過去の出来事として

完全に忘れたてたことなんですけど、

銀行の方が「その節はすみません」と

お詫び方々ご機嫌伺いにお越しに

なって思い出しました。

 

 

 

今日はその話。

 

 

 

ちょっと聞いてくれる~?という

ノリの話なので、お気に召さない方は

また後日よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

何があったか。

 

 

 

 

 

 

カンタンにいうと

「約束をすっぽかされた」

という出来事がありました。

 

 

 

かといって私に不利益が

生じたわけでもないし、

直後はやや腹も立ちましたが

徐々にどーでもよくなり

忘れてたんですけど。

 

 

 

お詫びに来られたことで

思い出してしまったので

今日はネタにしてやった。

 

 

 

 

発端は、

弊行のサービス

をご案内したい

という、先方からの

アプローチでした。

 

 

 

 

何か売りたいものが

あるってことだ。

 

 

 

 

会ったら断りににくく

なる気配も感じましたけど、

よほど嫌でなければ基本的に

会うのだけは断らず、お話だけは

伺うことにしています。

 

 

 

それは、私が昔セールスに

携わっていて、売る側の気持ちが

よくわかるから、という動機も

強いです。

 

 

 

それで有益な話のひとつでも

あれば、時間をとった元はとれますし。

 

 

 

単にセールスされるだけじゃなくて

近場の商売の動きとか、

最新の市況とか、

同業のセンセイの情報とか、

そういう仕入れになることも

案外ありますもので。

 

 

 

 

 

で、ご案内したいというから

時間を約束しました。

 

 

 

 

 

ほんで、こっちは待ってるじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

でも、結局来られませんでしたに。

 

 

 

 

 

 

 

ほんで、後日連絡も何もない。

 

 

 

 

 

 

 

こちらも名刺をもらってる

ワケでもないので連絡しようがないし。

 

 

 

 

 

 

放っておきました。

 

 

 

 

 

(なんだったのかのー!?)

 

 

 

 

という感じはしましたが、

何かやむを得ない事情があった

のかもしれない。

 

そしてその後も音沙汰なしって

ことは、その程度の客としかみられて

いないのかもしれない。

 

 

 

後者だったら情けないのーと、

わが身を振り返りもし、スッカリ

頭の中から消えさっていたのです。

 

 

 

 

 

 

 

ところがそれから〇か月後。

 

 

 

 

 

 

同じ人物と思しき人から

「いつなら会えますか」って

フツーに電話がかかってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むむむ。

 

 

 

もしかして、ワシが約束を間違えたのか。

だったら、会う時間を作らんといけんね。

 

 

 

ー こう思いはしましたけど、

(いやいやそんなはずはない)と

思い直して尋ねたんです。

 

 

 

 

おたく、何で約束の

日に来なかったの?

 

 

 

 

と。すると、

 

 

 

 

その節は申し訳ありませんでした

 

 

 

 

と小声で返ってきました。なので、

 

 

 

それってどういう意味?

 

 

 

と聞き返しましたら、

 

 

 

 

約束を忘れていたことを

今思い出して電話しています

 

 

 

こう電話口から聞こえてきました。(^^)/

こりゃ私もスイッチ入りまして、

 

 

 

 

よっしゃ。素直でいいけど

あなたとのお取り引きは考えたい。

せめて御行の〇〇さんと一緒に

来られるなら話は聞きます。

 

 

 

 

ー こうお返ししました。

 

 

 

〇〇さんは、もともとの担当者さんです。

 

 

 

こう言えば、私から〇〇さんに

約束失念の話が入るかもしれんと

察知して、言い逃れできんように

なると思ったから。

 

 

これからもお取引を続けたいと

思っている先なので、甘く見られても

嫌だと思いましたし。

 

 

 

 

 

 

けど

 

 

 

 

 

〇〇さんから連絡があったのは

それから半年たったつい最近!

 

 

〇〇さん一人で

事務所を突然訪ねてこられて、

 

 

「その節はウチの若いのが

粗相をしたようですみません。

昨日話を聞きました。」

 

 

とね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おい!若いの!

 

 

 

 

 

 

 

バカにしてんのか!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうね、半日でいいから

この若いのさんと同じような

態度で仕事してみたい。

 

気分味わってみるだけでいいから。

 

 

 

 

 

 

 

 

時間や約束を守るっていうのは

フツーの話だと思うよーっていう

話でしたー

 

 

 

 

 

 

 

 

記事にしたことでチャラに

するから連絡待ってるよー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です

 

 

 

 

最後まで読んでくださって、

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

ではまた次回!パー

 

 

 

 

-------------------------------------

山陰松江しんじ湖社会保険労務士

行政書士松原事務所 松原 智治
<お問い合わせ>
▼電話:
0852-67-6576

(月~金/8:30~18:00)
▼障害年金公式ホームページ

http://www.nenkin-uketorulife.com/