親亡きあと、障害を持つ子のためにできること | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

人に言えないお金の悩み、

障害年金なら私たちにお任せください。

制度・手続の情報源と言えば当事務所

        
        
        
        

お は よ う ご ざ い ま す!

        
        

ブログを開いてくださって、

ありがとうございます。

松江市の社会保険労務士、松原です。

 

 

日常業務としてお受けしている

障害年金のご相談のうち約2割は、

障害を持つお子さんについて、

その親御さんからのものです。

 

 

お子さんの年齢とか

親御さんの年代などに

とくに偏りはありませんが、

ひとつ共通している不安を

語られることが多いです。

 

 

 

 

お察しのとおり

「親亡きあとが心配」

というものです。

 

 

 

親として出来るだけの

ことはしておきたいが、まずは

社会保険でカバーできるものとして

障害年金で裏付けを得ておきたい。

 

 

 

というのがご相談の

発端となるのがほとんどです。

 

 

 

他に兄弟姉妹が

おられるということであれば、

資産の傾斜配分を不公平感なく

しておく必要もあるとか。

 

 

 

親としての悩みは尽きないと思います。

 

 

 

 

 

で、

 

 

 

 

まとまった資産を残せるか

不安だ、ということを口にされた方へ

ご案内している制度が

ひとつあります。

 

それがこちらの

「障害者扶養共済制度」

です ↓

 

 

 

障害のある方を

扶養している保護者の方を対象に、

 

毎月一定の掛け金を支払うことで、

 

保護者に万が一のこと(死亡・重度障害)が

あったとき、

 

障害のある方に対して終身年金が

支払われる

 

ー というものです。

 

 

厚生労働省が主管する制度で、

都道府県・指定都市が窓口となり

独立行政法人福祉医療機構が

保障を引き受けている

公的な制度です。

 

 

詳細はリンク先の

パンフレットなどで確認できます。

 

単純に、早く始めれば始めるほど

保険料は割安設計のようです。

 

 

 

参考になりましたら。

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださって、

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

ではまた次回!パー

 

 

 

 

-------------------------------------

山陰松江しんじ湖社会保険労務士

行政書士松原事務所 松原 智治
<お問い合わせ>
▼電話:
0852-67-6576

(月~金/8:30~18:00)
▼障害年金公式ホームページ

http://www.nenkin-uketorulife.com/