すごろくの「あがり一歩手前」で、振り出しに戻る | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

人に言えないお金の悩み、

障害年金なら私たちにお任せください。

制度・手続の情報源と言えば当事務所

        
        
        
        

お は よ う ご ざ い ま す!

        
        

ブログを開いてくださって、

ありがとうございます。

松江市の社会保険労務士、松原です。

 

 

 

 

昨日の記事で、

 

 

障害年金の請求のとき、

申告した初診日ではない日を

国が初診日と認めることになり

そうだが、この変更に応じるか

応じないかについて、それぞれの

注意点を書きました。

 

 

 

今日の記事では、

変更に応じる、

変更に応じない、

第三の選択肢

について、実務の進め方や

その行方をご紹介します。

 

 

 

自力請求される方は

参考になさってくださいませ。

 

 

 

ではまず

「変更に応じる」

場合。

 

 

役所の窓口にハンコを

もって出向きます。年金請求書と

病歴・就労状況等申立書の2枚には

あらかじめ初診日を書いて差し入れて

いますので、この日付を訂正したら

作業は終了です。

 

 

診断書審査が再開して、

1~2カ月後には何かの通知が

届きます。それをお待ちください。

 

 

 

次に

「変更に応じない」

場合。

 

 

「国が何と言おうが、私はこの日を

初診日にしてほしいのだ」として

審査で扱われます。

 

 

実務上することといえば、

電話で「変更に応じません」と

回答するくらいです。

 

 

最初に申告した初診日を

主張するという形態が維持され、

手続の結果としては「却下」か

「不支給」とされます。

 

 

従って、障害年金の支払いに

反映することはありません。

 

 

ただし、不服申し立て制度を

使って、初診日の審査やり直しを

求めることは可能です。

 

 

この前提で手続を進めるケースも、

ないわけではありません。

 

 

 

残るは

第三の選択肢ですが、

それは何かというと

「手続を取り下げる」

というものです。

 

 

 

取り下げとは、

「この請求、辞めます」と

申告することです。

 

 

すると、最初から何も

行われなかったことして

取り扱われます。

 

 

初診日を整備し直すとか、

書類を丸ごと作り変える場合には

こういう方法もあります。

 

 

ただし。取り下げした場合、

後日あらためて手続を実行するに

しても、診断書は取り直しに

なることがほぼ確実です。

 

 

従って、追加で

実費負担が必要です。

 

 

また、事後重症請求という

「将来に向けて支払ってほしい」

形態の請求を行う場合は、

権利を行使する時期が遅れる分

生涯で受け取れるであろう

年金は月単位で消えます。

 

 

従って、これらのコストを

負担してでももう一度やり直した

方がいいと思えるのなら、

取り下げしたほうが後悔

しなくて済むとも言えます。

 

 

 

実務上は「取り下げ書」という

書面を差し入れて書類を丸ごと 

返却されます。

 

その後「たしかに受け取りました」

という書類にハンコをついたら

終わりです。

 

 

 

 

 

総じて言えることは

最初に申告する内容

がホントに一番大事!

ということです。

 

 

 

 

たとえが相応しいか

どうか判断は分かれますが、

この場面は、「すごろく」と

似たところがあると

私たちは思います。

 

 

 

すごろくの一部には、

あがりの一つ前に

「振り出しに戻る」

という意地のクソ悪いコマが

用意されているものが

あります。

 

 

 

 

あるね

 

 

 

あるね

 

 

 

ありますでしょ

 

  

 

 

あがりの2~3コ手前で

振ったサイコロの数で

そこにハマってしまえば、それ

までの取り組みがゼロになるし、

後から来た者に先を越される

こともあります。

 

 

手続きごとなので

先を越されるってことは

ありませんけど、ゼロになれば

また一からやり直しです。

 

 

 

 

だからこそ最後まで

よく考えて手を抜かない。

 

 

 

 

また、たとえ振り出しに

戻されても、諦めないこと。

 

諦めさえしなければ、いつかは

ゴールにたどり着けるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださって、

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

ではまた次回!パー

 

 

 

 

-------------------------------------

山陰松江しんじ湖社会保険労務士

行政書士松原事務所 松原 智治
<お問い合わせ>
▼電話:
0852-67-6576

(月~金/8:30~18:00)
▼障害年金公式ホームページ

http://www.nenkin-uketorulife.com/