初診日証明とドライブレコーダーの共通点 | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。

人に言えないお金の悩み、

障害年金なら私たちにお任せください。

制度・手続の情報源と言えば当事務所

        
        
        
        

お は よ う ご ざ い ま す!

        
        

ブログを開いてくださって、

ありがとうございます。

松江市の社会保険労務士、松原です。

 

 

 

最近、毎日のように

高齢者による交通事故が

報道されています。

 

 

 

ほんと、見聞きしない日がないくらいです。

 

 

 

先日、ご相談にみえた

当事者のご家族(高齢者の方)が、

「忘れ物をしたから家に取りに帰る」

「クルマの往復で20分、待っててくれ」

と仰せになりました。

 

 

私からは

ニュースにならないように

お願いだから気を付けて―!

と送り出したくらい日常です。

 

 

 

20分後、無事、お戻りになりました。

 

 

 

で、

 

 

 

タイトルの件ですが、

 

 

 

障害年金の初診日証明は、

原則、その診療にあたった

医療機関の証明書により確認する

ことになっています。

 

 

実務上は、

「受診状況等証明書」という

書類を書いてもらう必要が

あります。

 

 

でも、経過が長いと

「カルテが残ってないから書けない」

ということも、案外あります。

 

 

でも、手続できないかと

いえばそういうこともありません。

 

 

当事者やご家族が残しておられる

診察券や領収証、母子手帳や生命保険

会社に提出した診断書の写しなどでも

代用することが可能です。

 

 

ただし、それらの書類で、

「この日から治療が始まりました」と

説明でき、国が(いちおうたしからしい)

と認めれば、という条件付きです。

 

 

 

 

一方、ドライブレコーダーはというと、

 

 

 

交通事故当事者の話を

警察官がそれぞれに確認し、

物理的現象の結果的と説明に

食い違いがなければ

(そういうことだったんでしょう)

ということで整理されます。

 

 

 

でも、

 

 

 

交通事故の加害者が

嘘をついて、

「交通ルールを破ったのはあっち」

なんて説明することがない

とも限りません。

 

 

しかも、被害者が

自分の言い分を説明したくても

救急車で運ばれる羽目になれば、

その機会も後回しになります。

 

後から逆の言い分をすれば

自分の都合の良いように事実を

捻じ曲げてないか?

なんて疑念を持たれないとも

限りません。

 

 

 

だからこそ、

自分の言い分を確かな

ものにするために、

ドライブレコーダー

売れまくってるワケです。

 

 

 

私もつけています。

 

 

 

ようは、

 

==============

 

論より証拠

 

==============

 

この一言に尽きます。

 

 

 

初診日証明も理屈は同じ。

 

 

 

特に、

医療機関に記録がなくて

証明書を書いてもらえなかった、

しかも、自分も何も残していない。

 

 

こういう場合には

「第三者証明書」を出せば

審査資料として採用してもらえる

ことにはなっています。

 

 

第三者証明書とは、

「私は、この人の初診日について

こういう事情を知っています」

いう申告をプリントにまとめて

出せる書類のことです。

 

 

でも、実務経験上では、

この第三者証明書というのは、

よほど克明な申告

でないと、それだけで申告する

初診日の信憑性を裏付けるものだと

認めることは、ほぼありません。

 

 

無論、手続で定められて

いるルールなので、全く認められ

ないワケでもありません。

 

 

ただ、

「そういう事例を教えてほしい」と

求められても、そうそう都合よく

他人の事例があてはまるような

話でもありません。

 

 

 

だから、完全に個別の話です。

 

 

 

ようは、

あなたの言い分はわかった。

それがわかる証拠を見せて。

ということがほぼ必須なのです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

障害年金の御手続では、

「初診日証明は論より証拠」

ということで参考にして

戴ければと思います。

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださって、

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

ではまた次回!パー

 

 

 

 

-------------------------------------

山陰松江しんじ湖社会保険労務士

行政書士松原事務所 松原 智治
<お問い合わせ>
▼電話:
0852-67-6576

(月~金/8:30~18:00)
▼障害年金公式ホームページ

http://www.nenkin-uketorulife.com/