初診日を具体的に特定しなくてもいいパターンが明文化されました。 | 障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

障害年金の御手続を遠回りしたくない方を、山陰松江に事務所を構える専門社労士がお手伝いしています

私たちは、「結果まで遠回りしている方を救いたい!」をキャッチフレーズに日夜業務に取り組んでいる、障害年金専門の社会保険労務士事務所です。


テーマ:

人に言えないお金の悩み、

障害年金なら私たちにお任せください。

制度・手続の情報源と言えば当事務所

        
        
        
        

お は よ う ご ざ い ま す!

        
        

ブログを開いてくださって、

ありがとうございます。

松江市の社会保険労務士、松原です。

 

 

 

初診日認定の手続改正がありました

ので、その内容をご紹介します。

 

 

ただし、どんな請求にでも

あてはまる改正ではありません。

 

 

対象は、

「20歳前傷病の障害基礎年金」

請求する方に限られます。

 

 

 

 

具体的にはこうです。

 

 

 

 

【条件】

 

・20歳前に初診日がある障害基礎年金

請求で、障害認定日が20歳到達日以前

であること。


・一番古い受診日(初診日)が

年月日まではっきりわからなくても、

2番目以降に受診した医療機関の発行

した証明書で、初診日から一年半経過

した日が20歳になるより前にあると

読み取れること。

 

・初診日より前に、厚生年金等へ加入

した期間がないこと。

 

 

です。

 

 

ーーー

 

 

この3つの条件を満たせば、

最古の受診日を証明する資料を

出さなくても、申し立てた

初診日を認める

 

 

 

とされました。

 

 

 

従来は、審査運用のなかで

請求者に負担をかけないため

便宜上、このような扱いを

していたケースはありました。

 

 

が、今回手続に明記されたことで、

請求する際の書類の整え方がより

簡易に済むことになるのでは、

見込まれます。

 

 

 

 

参考になりましたら幸いです。

ウインク

 

 

 

また新しい情報があれば

随時お届けします。

ウインク

 

 

 

 

全文はこちらから ↓

 

 

 

 

 

 

本日は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでくださって、

本当にありがとうございます。

 

 

 

 

ではまた次回!パー

 

 

 

 

-------------------------------------

山陰松江しんじ湖社会保険労務士

行政書士松原事務所 松原 智治
<お問い合わせ>
▼電話:
0852-67-6576

(月~金/8:30~18:00)
▼障害年金公式ホームページ

http://www.nenkin-uketorulife.com/

山陰松江しんじ湖社会保険労務士行政書士松原事務所 松原智治さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ